2004年10月31日

みそかつ 矢場とん 名古屋矢場町本店

みそかつ 矢場とん 名古屋矢場町本店わらじとんかつ定食矢場とん汁定食








わらじとんかつ定食矢場とん汁(1815円だったっけ?)

ホテルをチェックアウトして、らけいこに行って味噌でも食うかと思って、
前まで行ったらシャッターが降りてた。開店する気配なし。
公式HPでもTokai Walker見ても10:00開店とあるし、
11月1日から日曜休業と店には張り紙してあったんで、
10月31日である今日は大丈夫だろうと行ったのが間違いだった。
…もしかして今日は11月1日なんだろうか?タイムスリップしたのか?
でも11月1日は月曜のはずだし…?
そういうわけのわからん思考する前に電話しろよ>わし

それはさておき、腹減ってきたんでブランチ食おうと思って、
あんかけスパにしようか、ひつまぶしにしようか、登山か(笑)と悩んだが、
このあたりだったらと歩いて矢場町まで行く。
矢場町といってもこのあたりは大須だ。
大須は巣鴨と下北沢と秋葉原を足して3で割った町。
東京では絶対に相容れないこの3者だがビミョーに融合している。
観音様の思し召しか。

昔からこの場所だが、20mくらい東に新ビルを建ててる。
銀座にも出店したし、もうかってるんだろうなあ。
11時の開店時には行列50人ほど。ただ席数が多いんでそんなに待たない。
すっげー昔にしか行った記憶がないが、そのときにはなかったように記憶している
鉄板とんかつ(しかもメニューの一番右)に心奪われたが、
当初の予定通りわらじとんかつを。うむ。昔通りの味だ。
さらりとしてかつ濃厚で甘ったるい味噌、脂身のやや多いロース肉。
ごまとカラシで味の変化をつけつつ完食。

名古屋で味噌かつ食おうと思えば、ここよりうまい店を
両の手の指では足りないくらい挙げることができるのだが、
やっぱりここはワタシにとっていろんな意味での思い出の店だ。
つまりは家族の思い出。

矢場とん本店特製ストラップとマグカップを買って、ようやくこのツアー終了。
(その前にメンコミ行ったけど(笑))

大丸

大丸卓上調味料中華そば(ラーメン2玉)全部多め









中華そば(ラーメン2玉)全部多め(550円)

住所:愛知県名古屋市千種区今池5-38-23岐阜正ビル
営業時間:2:00(頃)~5:00(頃) 麺切れまで
電話…?

地下鉄東山線「今池」駅から徒歩3分。
8番出口を出てそのまま南下。
ただし当然電車が動いている時間ではないので、
別途交通手段を考える必要あり。
路駐は事故が多いのでおすすめしかねる。

続きを読む "大丸"

2004年10月30日

安らぎ居酒屋 月天(がってん)

安らぎ居酒屋 月天お神酒








岐阜からハシゴ。我々もタフだな。
ウォーカーズプラスの紹介記事はこちら
惜しまれつつ昨年1月に閉店→別店舗になったが、
今年夏に再オープンした。

21時についたら予約で満席。しゃーないので席の予約をしてから、
ヘラルドで時間つぶそうと思ったらなんと倒産してた。時の流れは早いねえ。
スポルトでボウリングして戻ってきたら空いたんで席に通してもらう。
巫女さんについ目がいきがちだが、ここのコンセプトは神社。
その一環として巫女さんがいるだけなのだ。念のため。
食前酒としてかわらけに入った御神酒が出てくる(上の写真)
まあ料理もそこそこいけるんだが、カクテルなど酒の種類が豊富。
コンセプトに忠実なメニュー構成に好感が持てる。
店内の白木を中心としたインテリアなども安らぐ。

巫女を抜きにしても行きたい店。
ここも予約しておいたほうが無難だよ。

メイド茶屋 ぱんだらんど

メイド茶屋 ぱんだらんど







新岐阜駅の近くに最近できたメイド居酒屋。
しかし岐阜も都会になったもんだなあ。しみじみ。
(メイド居酒屋があるというのが都会の条件なのか?)
公式HPはこちら。結構充実した内容。
ぐりぐり(女の子が果実をしぼってサワーを作ってくれる)などは
東京の先発店のスタイルを踏襲していると思われるが、
餃子、ソーセージなどを席の近くで実演調理してくれたり、
オムレツにケチャップで文字を書いてくれたり、
こちらのほうが趣向は凝らしていると感じた。
まあ、料理の質うんぬん言うのは無粋だわな。

ここの特筆すべき点はただ一つ。
ドジっ子メイドさんがいる!という点。
非常に良いものを見させて頂きました。眼福眼福。
その子以外のメイドさんの質も高かったよ。岐阜にいたらデフォだな。
予約してから行くのがベターかも。

極太濁流ラーメン ら・けいこ

極太濁流ラーメン ら・けいこ店内のメニュー








700円盛りソバ








700円(700円)
盛りソバ(700円)

住所:愛知県名古屋市中区栄4-12-6ロイヤル栄ビル1F
電話:052-242-0554
営業時間:10:00~14:00 18:00~21:00
11月1日から日曜休業

地下鉄東山線ほか「栄」駅12番or13番出口より徒歩5分
12番出口からだったら中区役所の角を右に曲がり、
信号を越えてヤマザキデイリーストアのある最初の角を左に曲がると右手に見える。
13番出口からだったら中日ビルの角を左に曲がり、
信号を右に曲がったらあとは上と同じ。女子大小路沿い。

続きを読む "極太濁流ラーメン ら・けいこ"

2004年10月28日

ラーメン二郎目黒店

ラーメン二郎目黒店大ラーメンW豚入りヤサイニンニク








大ラーメンW豚入りヤサイニンニク(800円)

呑んだ後、締めに二郎が食いたくなったらここだな。
鶴見という手もあるけど都内からは遠すぎる。特にワタシにとっては。
店主は相変わらず眠そう。だけど一連の作業を手際よくこなしてゆく。
正直、新○○にも見習ってほしい。

このカネシの立ったスープ、コクというより醤油のキレでガシガシ食わせる感じ、
新代田は凶暴かつ高圧的に自分たちを支配せんとする感じだが、
ここはそこはかとなく感じるマイルドさが強迫観念を感じさせずにすむ。
麺の短さ(=食べやすさ)とさしの入ったブタのうまさがいい。

しかし、盛りが少なかった...。
同一ロットの大ブタ頼んでる2人組みはこの1.3倍くらいの盛りだったんで、
アレは常連盛りなんだろうな。住んでる所から遠いんで、常連への道は文字通り遠いな。
思わずもう一度並んで小ブタ食おうかと思った。

二郎を食べるときの自分的ルールとして、次の麺上げが始まる前に席を立つ。
これは大げさだとしても、後ろの人に迷惑をかけないためのマナーを心得るべき。
そういう意味でも、この店で食う人はみなだらだら食べてなくて、さっさと出て行く。
真の意味でのジロリアン、つまり分別ある大人が集う店だと思う。

Little BSD

Little BSDマハリク・マハリタ@Little BSD








マハリク・マハリタ(700円)

最近一部で話題の通称「コスプレ居酒屋」である。
このカテゴリーで良いものか…。あと、定番だがBSEではない。BSDである。
アキバ北のはずれ、末広町のパソコン工房の隣のコスチャのあるビルの4Fにある。
(相当マニアックな説明の仕方だな…)

初めて行ったが、今週はハロウィンウィークということで店内も店員さんもそういう雰囲気。
まあ、いろいろ趣向を凝らして楽しんでもらおうっていう店の考えはわかる。
だが所詮はオタクだましだな。経営者は接客業としての基本を店員に叩き込むべし。
ちなみにマハリク・マハリタはハロウィンウィーク限定カクテルらしい。
所詮、オタ(以下略)

いたずら








とはいっても結構楽しんじゃったりなんかりして。

2004年10月27日

オリオンビール三連発

オリオンビールとその兄弟







アサヒ オリオンドラフト(208円)
オリオン 麦職人(163円)
オリオン 鮮快生(163円)

近所のローソンにて購入。
下2つは発泡酒。さて、オリオンビールの発泡酒はいかに…?
麦職人、まったく名前と合ってない。ソーダ水。
鮮快生、スーパードライみたいだ。アサヒグループになったせいか??
うーんうまい発泡酒ってないのかねえ。
オリオンビールはふつーにうまいな。
でも求む!ワタシ的No.1であるところのハートランドを越えるやつ!

2004年10月26日

ラーメン二郎環七新代田店

ラーメン二郎環七新代田店Wチャーシューメン大盛りかつおぶしヤサイニンニク








Wチャーシューメン大盛りかつおぶしヤサイニンニク(950円)

本日も日本橋に出張。董事長と総経理の違いを教えてもらった後、銀座線→井の頭線に乗る。
直系二郎の中で最も先鋭化され、かつ前衛的な二郎であるところの新代田店へ。
先客は5人ほどであったが、ワタシが入店してからぞろぞろと入ってきて、
ワタシに供されるときには待ち人3人ほどに。
なんか店主さんの動きがロボットみたいで面白い。首が水平か垂直にしか動かないのだ。
体が移動しても、決して首の地上高は変わらない。前衛的なフランス映画を見てるよう。
表情も変化しないところがロボット的。

結局15分ほど待って出てきた。
うおーこれだよこの暴力的な透明アブラの層。そして攻撃的なカネシの味。
オンリーワンの味を求めるならここだ。うまいとかまずいを超えた、彼岸がここにはある。
固め・小さめのブタ(ここではチャーシューと呼称)とか、モヤシ95%のヤサイとか、
実は完璧に計算されつくされているのか?!とワタシの心を惑わせる...。
ただ無心にがっつき、気がつくとなくなっている。

武蔵小杉や新代田は、全店回ってからもう一度くると
初めて本質のうまさがわかると思う。
以前はワタシもだめだったが本日改めて実感。
通好みの店。

2004年10月24日

アフターダーク/村上春樹

アフターダーク
村上 春樹

講談社
2004-09-07
売り上げランキング 168

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

発売日に買って積んでおいたが、
運転免許更新の移動時間&待ち時間中に読了。
文字的なボリュームはないが、読んだあとはお腹いっぱい。
平行世界では様々な事象が交錯し、結局結論は出ない。
もやもやした中で朝を迎える。
「朝が来たら」という仮定では、結局前に進まない。
今日、明日は昨日の連続であるのだ。
夜が明けるまで、寝るだけの自分。
ただただ考えさせられる…。

しかし、村上春樹の書く女の子ってカッコいいね。
男どもがヘソヘソなだけかもしれんが…。

麺家うえだ

麺家うえだ鬼麺王大盛り








鬼麺王大盛り(800円)

たけぼうきでデコレーションされた外観が目を引く。
店内右手に券売機。うまそうなキャプションがつく豊富なメニューで、
どれを選ぼうか普通の人は迷うと思うが、われわれは迷わず一番右上を。
食券をカウンターに出すと店のおばちゃんが
「お時間かかりますけどよろしいですか~」と。もちろんオッケー。
日曜のお昼だということもあって店は常に2~3人待ち。
家族連れ、カップルが多く一人で来てるのは極わずか。

もうそろそろ出てもいいだろ~ってころに、厨房でタンメンの盛り付けを始めた。
「メニューにはタンメンないけどあれもうまそうだ~今度来たとき試してみよう」
とか思ってると、
「はい、鬼麺大盛りお待たせしました~」

!!!!!!
な、なんじゃこりゃ~?!
これとかこれとかを期待してたのに~!
ナスとか乗ってるよ~。
お店のHPで事前に勉強してから行ったのに、そんなこと一言も書いてなかったよ~。
もしかして新種の嫌がらせか?(そんなことはない)

未だに動揺してるんでうまく伝えられないが、とりあえず味のほうを。
(辰屋+蓮爾)÷2の麺、ごま白味噌を魚介系ドロドロスープで溶いたような濃厚スープ、
その上にモヤシ、白菜、にんじん、ナス、豚バラをニンニクとごま油でいためたものが乗っている。
うまいんだけど、だけど、だけど...????
真昼間から夢でもみてたんでしょうか????

2004年10月23日

ラーメン二郎虎ノ門店

ラーメン二郎虎ノ門店豚入ラーメンヤサイニンニク








豚入ラーメンヤサイニンニク(700円)

品川店のあとに訪問。前客3、後客2。3店の中でここが一番少ない。
オフィス街なのに土曜はガテン系の客が多い。休日工事なのだろう。
あと謎の善男善女系の老人も多い。何なんだ?
まだ醤油つけ麺と味噌つけ麺があった。

壁には「パワーポイントの人」もあるが、英語でトッピング紹介がしてある。
以前は小学生が書いたようなへなちょこなスペルだったが、かなりマシになった。
しかし、このCousTomerって表現、いつきても笑えるな。フランス語っぽくて。

本日3店回ってみたが、麺が同じなだけで、どれも面白い。
パワーポイントの人もこの多様性に喜んでいるのではないか。
ラーメンを二郎っぽくすると虎ノ門店になり、
二郎をラーメンっぽくすると神田店となり、
虚空から突如二郎を出現させると品川店になるって感じ。
(一番最後は苦しい...)

さて、虎ノ門店の醤油であるが、ワタシの疑念をあざ笑うかのように、
店の一番奥には中身がなみなみと入ってそうな
黄色い「ラーメン二郎専用醤油」のポリタンクがうずたかく積み上げてあった...。

結局、どうなるんだろう。

ラーメン二郎品川店

ラーメン二郎品川店普通盛焼豚 小ブタヤサイニンニク








普通盛焼豚 小ブタヤサイニンニク(700円)

神田店の次に訪問。品川店はいつも混んでるな。
ソニーに近いということもあるが、みなこの店を好きなんだろう。
ワタシも好き。この底にたまったザラザラした物体をすすってるときなどたまらない。
白濁乳化したこのスープ、二郎か?
といわれればノーと言わざるを得ないが、うまいものはうまい。
「パワーポイントの人の絵」もないし、トッピングの時のアイコンタクト及び手かざしなど、
変にソフィスティケートされてないこの感じ、イイ。
スープを多くして、麺を太くして、ブタをちょっと改良すれば、ものすごくなると思う。
今後の展開が楽しみだ。

ラーメン二郎神田店

ラーメン二郎神田店醤油ポリタンク@ラーメン二郎神田店普通盛チャーシュー入ヤサイニンニク@ラーメン二郎神田店








普通盛チャーシュー入ヤサイニンニク(800円)

通称「パワーポイントの人がトッピングを紹介している店」(長い)が、
二郎でなくなってしまうとのうわさを聞き、それならばその前にとツアーを組んでみた。
神田、虎ノ門、品川。
新橋はだいぶ前にラーメン屋になってしまったのでこの3店をチョイス。
品川の位置づけも謎が多いが、並べてみると面白いと思って。

さて、この神田店、以前は店の前に誇らしげに置いてあった
「ラーメン二郎専用醤油」のオレンジ色のポリタンクが、
「窪田味噌醤油」のねずみ色のポリタンクに変わってた...。

醤油が変わったことで味はどうか?と聞かれれば、
ワタシの貧弱な舌では「以前と同じ」としか言いようがない。
ちょっとカラメだったかもしれないが、気のせい・ブレの範囲だ。

帰りに神田駅方面に歩いてると、ある整備工場に
「ラーメン二郎神田神保町店」のポスターが張ってあった。
疑惑は確信へ変わりつつある...。

2004年10月22日

一蘭アトレ上野山下口店

一蘭アトレ上野山下口店ラーメン








ラーメン(750円)

ぽっぽっ屋からアキバを経由してここまで歩いてきた。わけわからん。
前々から行きたいと思ってたんで、かなりわくわくしながら入ってみた。
異様に回転の早い店内。博多ラーメンの細めんがなせるわざか。
入って食券を買って、おねえさんにオーダー用紙をもらう。
味の濃さ、こってり度、にんにく、ねぎ、チャーシュー、秘伝のたれ、麺のかたさを記入。
全部右端もしくは左端にした。最初に入る普通の人は真ん中にすべきだろう。
このカウンターいいねえ。水も飲み放題だし。
ゆで玉子を押し売りされるのはどうか。つうかこのゆで玉子、回転寿司状態なのだろうか。
まあ、味についてはノーコメント。一度行けばいいかな。
5口ほどで平らげて店を出た。

らーめんぽっぽっ屋本店

ぽっぽっ屋本店らーめん+大盛り+ブタ+味玉ヤサイニンニクタマネギ








らーめん+大盛り+ブタ+味玉ヤサイニンニクタマネギ(1000円!)

本社でNEDO関係者との会議後、7時までの形式だけの懇親会。
終わってすぐ会社近くのここへ。
久々に来たら店名が「日本橋店」から「 本 店」になってた。
環境にやさしい看板。ただし店前のたて看板は「日本橋店」にままだったが。
おひげの店主がいなかった。最近の多角経営で忙しいのかな。

やはりぽっぽっ屋はうまい。甘めのマイルドスープとゴリゴリ太麺。
味玉も甘くて好み。タマネギが大きめのみじん切りになって食感良好。
ただしブタは...。
他店の癖で思わず頼んでしまったが、ワタシ個人的に生涯最高のしょぼさだった。
あと、塩らーめんとサラダ麺がまだ売ってた。今月中までとのこと。
正直、味噌らーめんがあることを期待して行ったんだよね。

ラーメン二郎横浜関内店

横浜関内店小ぶたカラメヤサイマシマシ








小ぶたカラメヤサイニンニク(700円)

展示会は(ワタシの仕事的には)見るもんあんましなかったんで早々に切り上げ、
パシフィコ横浜からここまでタクシーで行ってみた。900円。
12時前だけど12人待ち。人気は定着したのかな。

午後から会議があるんでさすがにニンニクは自粛。
そのかわり写真の後ろに見える唐辛子を途中から投入して味の変化を。
ざっくりした粗みじん切りで香りも高くほどよい辛味で良かった。
カラメにしたにもかかわらず薄かった。ヤサイマシマシにしたせいか。
スープは豚骨があんまり出ておらず、豚肉だし中心のあっさりめの味。
ぶたは原型をとどめず...。麺はぷりぷりとやや固めでうまかった。
開店日がかなり良かっただけに、今日はワタシ的にはイマイチだった。

あと、「ライスはありますか!」「カラメって唐辛子ですか!」って聞いてたホスト風のお兄さん、
完食できたんでしょうか。

JR湘南新宿ライン

JR湘南新宿ライン








昨日(つうか今日か)は朝まで某所で飲みだったんだけど、今日は展示会で横浜まで出張。
満員電車で立っていくのも馬鹿らしいんで、大宮から湘南新宿ラインのグリーン車に乗ってみた。
券売機でSuicaにグリーン券をインプットし、グリーン車に乗る。
席につき、上を見上げると写真のようにSuicaR/Wがあるんで、そこにタッチ。
ランプが赤から緑に変わるとそれで登録完了。
検札のたびにいちいち車掌に切符を見せなくてもいいんで、かなり便利。
というかJR側の利便を考えた結果なんだろうけど。

グリーン券を買ったのに席に座れない人を見るとかわいそう。
先着順座席指定にすればいいのに。

ブランデーのカルピスウォーター割り

ブランデーのカルピスウォーター割り










カルピスウォーター9:ブランデー1。
プリンに醤油をかけるとウニの味がするように、
こちらはヤクルトの味がする。だまして飲ませるのも可か。

ちなみにヘネシーで作ってみた。正直、もったいない。

2004年10月19日

ビジュアルアーツとビー・ビー・サーブが「キネティックノベル」の事業展開で業務提携を発表。

第一弾はkeyの新作「planetarian ~ちいさなほしのゆめ~」とのこと。
オフィシャルサイトはこちら
http://www.kineticnovel.jp/
http://key.visualarts.gr.jp/product/planetarian/index.htm
ニュースソースはこちら
http://www.itmedia.co.jp/games/gsnews/0410/19/news05.html
http://www.dengekionline.com/g-net/news/200410/19/gn20041019_kineticnovel.htm

ついにいたる嬢は捨てられたとか、涼元氏だったら安心して読めるなとか、
相変わらずこつえー氏の絵はぱんつはいてないとか、
麻枝氏は何をやっているのだろうかとか、
いろいろ思うところはあるのだが、結局これに尽きる。

ソフトバンク孫正義の弟、エロゲー事業に参入

良識あるスポーツ新聞に書きまくられるんだろうなあ。

2004年10月17日

四季/アンネ・ゾフィー・ムター

Vivaldi: The Four Seasons; Tartini: Devil\\\'s Trill
Giuseppe Tartini


Amazonで詳しく見るB00002DE2L

何気に(と言ったら失礼か)クラシックが充実してるアキバの石丸ソフト3で購入。
昔から頭ではほしいと思ってたが売り場に行くたびに失念してたので、
朝からカラヤン指揮版を聞いて事前にムードを盛り上げておいた。
後で記事書こうと思ってAmazon見たら石丸より安いでやんの…。

それはさておき、10年前とは比べ物にならないほど彼女自身が出ている。
まあ当たり前といや当たり前なんだけど、それが少々鼻につくのも事実かな。
聞いていて少々疲れた。イ・ムジチとか聞いてた人はおったまげると思う。

っていうか、美人バイオリニストっていいよね。
会社の同期も(美人かどうかは見てないので不明)バイオリニストと結婚した。
ちくしょう、うらやましくなんかないやい!

らーめん 辰屋

らーめん 辰屋辰醤油らーめんニンニク@らーめん 辰屋








辰醤油らーめんニンニク 700円

陸食ってすぐここに来た。しかしここらへんは道が狭い。世田谷迷宮ってやつか。
相変わらず店主は二郎好き、話好きだねえ。
今日のはスープが豚豚しくて良かった。ヤサイをいちいち茹でてくれるのがいいね。
ここまで食ってさすがに満足。麺が池袋を割り箸大に太くしたような感じなんだよなあ。
あ、辰醤油らーめんはヤサイ増しにできるかどうか聞くのを忘れた。

らーめん 陸

らーめん 陸豚増しらーめんヤサイ多め@らーめん 陸








豚増しらーめんヤサイ多め 750円

朝も早よから棒振りに行ってたんで、おなかぺこぺこ。
住んでいるところからここに行く間、おなかと背中がくっつきそうになりながら久々に行ってみた。
以前食ったとき、ねぎの存在意義が不明だったが、今回自分の中でやっと納得できた。
ゆっくり食べると、キャベツのパリッ、もやしのポリッ、そしてねぎのシャリッってのがあって、
ねぎの香りが口の中に広がるのだ。ヤサイが分別されて盛り付けられているのはそのためなのか。
がっつりムシャムシャ食うのもいいが、空いている時はゆっくり味わって食おうと思う。
それにしても豚も麺もうまかった~。
しかし日曜のお昼だってのに空いてるなあ。

2004年10月16日

極太濁流ラーメン ら・けいこ

極太濁流ラーメン ら・けいこメニューの一部@極太濁流ラーメン ら・けいこ600円 肉入り@極太濁流ラーメン ら・けいこ








名古屋在住の友人が行ったとのこと。
写真をいただいたが、かなりいい感じ。実際に確認してみる必要あり。

大黒屋本舗

大黒屋本舗大黒醤麺ニンニク(アブラふつう)@大黒屋本舗








大黒醤麺ニンニク(アブラふつう) 800円

西口の二郎に行く手もあったけど、未食のこちらへ。
大黒麺を食べて角ふじと比較するという方法もあったが、
今は亡き町田二郎のM.O.に似ているとの記述もあった大黒醤麺をチョイス。
食ってみて一言「ぜんぜんM.O.違うやんけ」
SQUAWK!のツトムさんの記述とおり、桜海老風味の坦々麺ってのが一番近いと思う。
辛いのが好みなんで、スープはかなり満足。思わず飲み干しそうになった。
キクラゲが大振りでうまそうだったので最初にほおばってみたが...。
スープによくつけてから食べるべし。気をつけよう。
しかしこのブタ、どっかで食ったことあるなあって感じてたら、
高田馬場二郎のブタを崩さずに醤油辛くしなかったらこんな感じだ。
うで肉という部位らしい。調理法でこうも違うのか。ワタシ的には絶対こっちのほうがいい。
キクラゲの食べ方を失敗したのを除けば、かなり満足した一杯だった。

匠神 角ふじ

匠神 角ふじふじ麺ニンニク(アブラふつう)@匠神 角ふじ








ふじ麺ニンニク(アブラふつう) 680円

茨城方面での組合の研修が終わった帰りに寄ってみた。
席についたとたん空コップを渡されるのは相変わらず。
角ふじ系は二郎ほど味のブレはないみたい。田代グループ恐るべし。
この○二をわかりやすくしたような味、一口二口はかなりうまいが、
後になって???が頭の中をぐるぐる回る。
ちなみに何も指定しないと麺の量は250gらしい。
醤油づけのニンニクはいいアイデアだと思うが、
シャリシャリ感がなくワタシにとってはイマイチ。醤油であえる程度が好みかなあ。
けど柏駅から快速に乗ったら隣のお兄ちゃんに怪訝そうな顔で見られたので、
なんともないと思ってたニンニクも相当におっているようだ。気をつけるべし。

2004年10月14日

米焼酎 赫々

米焼酎 赫々








バーボンのたるで熟成させた米焼酎。価格もお手ごろ。
一口含むとスモーク臭が一瞬感じられるが、すぐ消える。
その後に来るのは猛烈な爽快感。鼻にスカーっと抜けるような。
後味はなし。水のような感じで、コクやえぐみは少なく、
そっちを求める向きには合わないと思う。
個人的にはかなり好み。飲みすぎてしまいそう。

2004年10月13日

新福菜館本店&本家第一旭たかばし店

新福菜館本店&本家第一旭たかばし店やきめし@新福菜館本店








中華そば(並)@新福菜館本店ラーメン@本家第一旭たかばし店








新福菜館:中華そば(600円)+焼きめし(500円)
第一旭:ラーメン(600円)

大阪出張の際、途中下車してブランチ。
新福菜館は7:30~23:00、第一旭に至っては5:00~2:00と驚異的な営業時間を誇る。
隣り合ったこの二店、比べてみるとおもしろい。特に店員。
新福菜館はガテン的やらないか?系で、第一旭は橋田壽賀子状態。マダムとか。
この二店、交流とかあるんだろうか。もしあってもこんな感じかな?
「あら新福さん、ようお越しくだはりました。まあ、ぶぶ漬けでも食うて行きなはれ。」
互いのメニューにミニラーメンがあるあたり、意識していると見た。

味のほうなんだけど、ラーメンでは第一旭のほうが好みかなぁ。
新福菜館はなんか味が単調な気がする。見た目で惑わされてるのかもしれないが。
でも新福菜館の焼きめしも噂に違わぬうまさだった。
結論:第一旭でラーメン食って、そのあと新福菜館で焼きめし食うべし。
それにしても九条ネギっておいしいね。

2004年10月12日

マリア様がみてる-特別でないただの一日/今野緒雪

マリア様がみてる ―特別でないただの一日
今野 緒雪 , ひびき 玲音

発売日 2004/10/01
売り上げランキング 25

祐巳と祐麒が大林信彦ばりにキターって展開になると思いきや、
先代三薔薇さまとか、おぢさん軍団とか、
今までのキャストほぼ総出演に加え、細川家の事情が明らかになったりとか、
かなりボリュームたっぷりでお買い得な内容。
ということは、レイニーブルーの再来を望むワタシとしては不満ってことだ…。
聖さまみたいな狂言回しが現状存在しない以上、そんな展開は望めないのか?

しかし、問題ありの下級生間(つうか福沢姉弟と志摩子さん以外全員問題児か?)
で祐巳が振り回されるっていう最近おなじみのパターンだけど、
これも予定調和かと思ってるとそうはいかないのですよ。
現実を突きつけて、さあどうなる、次号を待て!ってな。
ワタシ的には可南子ちゃんだと思うけど、な。
でも祐巳が卒業したら可南子ちゃんが主人公になったりするんだろうか。
そんな展開ありえねぇ。やっぱ妹は第三者か?

MOVABLETYPEはじめました

livedoorのあまりの重さに嫌気がさし、ついカッとなって初めてしまった。
cssとかxmlとかxsltとか覚えるべきことのあまりの多さに早くも前途多難。

つうか、URLにつっこみはナシね。

2004年10月11日

ラーメン二郎横浜関内店

横浜関内店大ぶたダブルヤサイニンニク@横浜関内店








大ぶたダブルヤサイニンニク(850円)

開店1時間前に到着すると、すでに長蛇の列。
まあ、炎天下、カッタの行列に3時間並んだことがあるワタシにとっては、
アーケードのここはさほどのことでもない。(比べるのも変だが)
辰屋の店主が写真撮ってたのでピースしたり、
体操しながら列の長さを見てニヤニヤしたり、
行列の待ち時間も苦にはならず、楽しく過ごせた。
店内も手書きの社訓といい、トッピングの看板といい、かなりいい味出してる。

店主が鶴見出身ということでもないが、鶴見をより三田に近づけたという感じだった。
巻きチャーシューっぽい豚といい、やや乳化したスープといい。
どんぶりは京成大久保のものと同じかな?
大きさの割りには浅底で、楽に完食。
しかし、かなりうまかった。
この味を維持してくれるんだったら、遠くてもローテーションに入れたい店。

2004年10月10日

西町大喜本店

西町大喜本店中華そば(並)@西町大喜本店








中華そば小600円

大喜といっても昔某番組で1位になった東京の店ではない。
しかし、「富山ブラック」って言葉、通称かと思いきや、
店の前ののぼりにデカデカと書いてあるし、
店員のおばちゃんの着ているTシャツにも書いてあるし。
店内はかなりレトロ。つうかどっかの土間を
カウンターに改造したようで、かなり年季が入ったつくり。

最初は特大食おうと思ってたけど、
事前調査で特大レポートを検索しても見つからないし、
「小でも他店の大盛り」ってコメントもあったんで、
チキン入って小で注文。でも特大、大丈夫だったな。

さて、肝心の味だが…。「猛烈、激烈にしょっぱい」
最初にスープ飲んだとき、思わずめまいが…。
二郎食いには、「目黒の1000倍(小生比)しょっぱい」
って言えばわかるかな?
スープもしょっぱいんだけど、メンマがこれまたありえない。
手が震える、どんぶりがカタカタ音を立てる、
視界がぼやける、瞳孔が開く、マジでやばい。
ラーメン屋でこれだけ生死をさまよったのは、
生まれて初めて二郎というものを食ったとき以来。
でもこの感覚、はまりそうで怖い。
体に悪いものほど体が欲するこのジレンマ。どうしたものか。

白えび亭

白えび亭富山湾まるごと丼@白えび亭








富山湾まるごと丼2500円

むぅ、この値段。Bグルの域を超えてるな。
ここは白えび天丼(白えび刺身つき、1000円)がお得かなあ。
白えびって初めて食べたけど、甘エビより甘さがしつこくなく、
上品でさっぱりして美味。
甘エビがソース顔、白えびがしょうゆ顔(ふ、ふるい…)。
隣の人が食べてたホタルイカ天丼を少しもらったけど、
新鮮ホクホクして中身がトロリでかなりうまかった。
上に載ってるものもよかったけど、
ごはんがさらに良い。富山産コシヒカリ、買ってみよう。

予定通り量的には中途半端だったんで、
予定通り次の店へ。

2004年10月 8日

ラーメン○二北浦和店

ラーメン○二北浦和店ブタ入りラーメン麺増しヤサイニンニク@北浦和店








ブタ入りラーメン麺増しヤサイニンニク

町に漂うきんもくせいの香りも打ち消してしまうような大雨の中、
仕事を早く切り上げて歯医者に行った帰りに寄ってみた。
大雨ですいてるだろうなと思ったら空席は1つのみ。
みんな考えることは同じなのね。

今日の北浦和はうす味。タレを3回くらい回しがけ。
あと、ブタが角切りで5ヶほど入っていた。
固形物をすべて食い終わって、底をさらっているときに
これが当たると結構うれしい。