2004年12月 5日

明神 角ふじ

明神 角ふじ魂麺野菜増しニンニク








魂麺(soul men)野菜増しニンニク(780円)

佐倉からそのまま北上してつくばへ。とはいっても滅茶苦茶遠い。70キロくらい?
でも澄み切った広い空とのどかな田園風景はたまに見ると良いものですなあ。

谷田部ICからサイエンス大通り(このネーミングも凄い)を北上するとすぐ。
道を挟んで角ふじと大勝軒が相対している。グループ企業らしい。
この大勝軒のほうもネットで見ると野菜山盛でおいしそう。今度行ってみよう。
しかしこの明神角ふじ、某猪木のせりふがゾッキー風に書いてあって面白い。
いわゆる「夜露死苦」系のやつだ。本人の了解とってるのかなあ。
それはさておき店の前に3台ほど駐車スペース、店内はカウンター10席、小上がり4席×2ほど。
いわゆる街道ぞいのラーメン店の居抜きなんだろうか。
店に入ってすぐに給水機と券売機。ここはひとつこの店オリジナルである魂麺を。
アイムソウルメ~ンとふんふん鼻歌うたいながら席についてしまったよ。
しかしここは繁盛してるねえ。善男善女、家族連れ、老若男女。いろいろな客層に愛される店と感じた。

魂麺はふつうの角ふじの中華そばに唐辛子肉味噌がトッピングされたもの。
見た目は辛そうだけどそんなことない。体がホットになる感じのじんわりマイルド系の辛さ。うまい。
ブタはべろーんとしたロース肉。切ったものを直前まで鍋で甘辛く煮込まれている。
角ふじ系共通のレシピである。ここはバカブタにしてもよかったなあ。
ヤサイは95%モヤシ。シャキシャキとフニャフニャの中間くらい。
魂麺頼んだとき「魂麺はヤサイ大盛りにできますがどうですか?」と聞かれるが、
普通の中華そばでもヤサイ増しは可能。普通盛にしちゃったんで麺よりヤサイのほうが多くなっちゃったよ...。
スープ、麺も柏の匠神とおんなじと感じたが、今日は背脂が細かかった。粉雪のよう。
脂っぽくなった口を給水機のレモン水がさっぱりと洗い流してくれる。
アブラ系ラーメンにレモン水いいよ。かなり屋もいい。

角ふじは食いたくて食いたくてしょーがないというより、ふと思い出して食いたくなる、そんな店かなあ。
さあ、小腹を満たして次の店だ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/66

コメントする