2005年5月 4日

尾道旅行

歩道橋





食い気だけじゃなくて観光もよん?ってなわけで元祖聖地巡礼に行ってきたわけだ。現在では聖地巡礼と言えば木崎湖だけど、やっぱ尾道は大林宣彦のアレが元祖だよねえ。写真は一美の中の人の一夫が自転車を立ちこぎして上った歩道橋である。今の小林聡美ではどうかわからんが、女の子の体じゃ結構きついよねえ。

尾道大橋





マリーナの背景に広がる新尾道大橋。実は塀の向こう側に地元の長いスカートの女子高生が3人並んでオニギリなんぞをほおばってたりする。なんかええなぁ。

御袖天満宮





ここでおもむろに放尿を…なんかしたら怒られますって!「上からゴロゴロ転がってよぉ~」とか彼氏にムリな注文をする女の子がいたりして面白かった。つうか死にますよ!

いかにも





いかにも尾道な小径。階段を一つ飛ばしに駆け上がると、少年になったような気がする。

時計屋さん





ラベンダーの香りなんかは当然しない。

てなわけで夕方に用事があったんで大急ぎで回ったけど、時間があれば平日の休みにゆっくり見て回りたいねえ。ロープウェイなんか3時間待ちだもの。行楽地はどこも大変だ。

明石海峡大橋





帰りののぞみから遠くの明石海峡大橋を眺める。こうやってぼんやり車窓を眺めながら旅の思い出に浸るのが楽しい。

愛知万博きしめん





愛知万博きしめん(600円)

新幹線ホームでおやつ。きしめん、新幹線のほうが在来線より甘くなくてウマイと思う。それにしてもムリムリ名古屋グルメセット。さすが名古屋人は商魂たくましい…。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/256

コメント[2]

まこぴさま、ごきげんよう。

尾道の景色というのは、なんかキますね(笑)
転校生と時をかける少女は、あのころ何度見たことか…
とくに時をかける少女は、叙情感たっぷりのイントロ部から、背中が痒くなるエンディングまで…
とても好きな映画でした。

>あひる仮面響鬼さま

ごきげんよう、お姉様。
ワタシは転校生が好きですねえ。
天満宮で思いっきりアレをやってみたかったけど、
脳内で我慢我慢。

駅前でロケ地マップを配ってるのですが、
恐ろしくわかりづらい手書きの地図なんで、
かなり難儀しました。

コメントする