2005年5月23日

餃子責め@宇都宮

餃子像







今日は栃木まで日帰り出張。栃木、前回はスリー○イヤモンドマークをやっつけに行く出張だったけど、今日は井げたマークの人と和やかに仕事をする出張だ。さすが井げたの中の人、早く終わったので、ちょっと遠出して宇都宮まで餃子を食べに行くことにした。写真は人気の少ない宇都宮駅東口にたたずむ餃子像。なんでもヴィーナスが餃子の皮にくるまってる姿だそうだが、どう見てもできそこないのモアイ像に見える。

西口の「餃子と水餃子しかない」正嗣に行こうと思ってたけど、強烈な土砂降りのためやむを得ず駅ビル「パセオ」内1Fにある店に行ってみることにした。

みんみんみんみんのメニュー





まずはみんみんへ。行列誘導用のロープなんか張られててちょいとびびったが、五時ちょい過ぎという非常に微妙な時間故、結構空いていた。ここは食券制。食券制だと追加オーダーとかしづらい雰囲気があるんで、「ゆっくり飲んでないで早く食って帰れ」っていうことなんだろうか。その割になぜかビールはキリン・アサヒ・サッポロと
揃えてるのが不思議だ…。

餃子の食べ方





おばちゃんに食券を手渡し、カウンター席に案内される。店は細長く、15席ほどのカウンター席とテーブル席。制服姿の女子高生が一人で餃子ライスなんか食べててびびる。やはり宇都宮だ。店内を見回してみると、その女子高生みたく餃子ライス(ザーサイ付き)を食べてる人がかなり多く、ビールなんか飲んでるヒトはワタシだけだった。宇都宮ってそういうもんなんだろうか。写真は餃子の食べ方指南。ワタシは酢とラー油で食べるのがさっぱりしてて好きだ。

焼餃子2人前





焼餃子2人前(440円)

ビールが来て30秒後に焼餃子が来た。早い。見込みで焼いているのだろう。まずは何も付けずにガブリ。ちょっと羽根がついててパリっとした部分と、モチモチの皮の食感のコントラスト。その皮に包まれた具は野菜が多めであっさりした感じ。これなら何個でも行けそうだ。うまい。ビールも進む。

水餃子





水餃子(220円)

ビールを1本飲み終わる頃に水餃子がやってきた。アツアツのお湯に浸かったフニフニの水餃子。ツルツルしててこれまた良きかな。基本的に焼餃子と一緒の餃子を使っているようだが、主食にするんだったらこちらですな。フムフム。食べ終わったお湯に醤油と酢を少し垂らして飲むとこれまた良好。餃子から出たスープが胃に優しく包み込む感じ。ほっとする。

青源 みそしる亭





次にみんみんの隣の青源みそしる亭へ。看板には「みそしる亭」としか書いてないので、なんのこっちゃと思うかもしれないが、れっきとした老舗の餃子の店だ。

メニュー青源の起源





こちらはみんみんと異なり、口頭で注文する形式。みんみんは餃子を食事と捉えている感じなのに対し、みそしる亭はツマミの一種と感じているのかなあ?周りを見回しても生片手に枝豆と餃子とか食ってる人が多かった。みんみんより年齢高めだ。

餃子三昧





餃子三昧(390円)

外でも中でも普段あんまし日本酒飲まないけど、名前に惹かれてこれを頼んでみた。ギットリした餃子の油を洗い流してくれそうな、ピリッとした辛口のお酒だった。単品で飲むと値段相応かな…。

ネギ味噌焼餃子





ネギ味噌焼餃子(315円)

ここは注文を受けてから焼くみたいで、5分ほど待ってから出てきた。うほっ、ネギ好きにはたまらないビジュアルだ。さてお味のほうは…。これはなかなか。ちょいと甘口の白味噌がネギの辛味と一味の辛味と相まって、こってりした餃子をさっぱりと食べさせてくれる。餃子の皮はパリパリ。ビールに合う一品だ。

青源水餃子





青源水餃子(420円)

締めにこいつを頼んでみた。ゆず風味の薄目のみそ汁の中にチンゲンサイ(?)ともやし・ニンジンが浮いた中に5ヶの餃子がぷかぷかと漂っている。この餃子は焼餃子とは違う、独特の風味だ。ボキャボラリーが足らないので何とも表現しがたいが、「ウインナー」をあっさり目にしたような、スパイシーな感じがした。薄目のみそ汁との相性はばっちりだ。説明書きには酢が入っていると書いてあったが、「そういえばそうかな?」って感じで、主張するほどでもない。酒を飲んだ締めにいいと思う。

かなり満足で新幹線に乗った。今度こそ正嗣に行こう。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/276

コメント[4]

餃子タソ、擬人化は可能か? そんなところでしか萌えない私はダメな人?

っていうのは置いといて、私が知っている餃子の美味しいところは三田のN社の近くの”大連”。

餃子と 紹興酒が美味い!!

>Think-Pさま

餃子タソ、どうしても「人」に見えず、
ワタクシめの貧弱な想像力ではいかんともしがたく…。

紹興酒、いいですね。
でも中国酒には白酒で痛い目に遭ったので…。

私も一度やって見たいですねぇ~。

何も気にせずに餃子と紹興酒を好きなだけ食べて、飲んで。

新橋のカプセルが近いかしら?

>Think-Pさま

餃子責めええですよ。
今度是非…。

コメントする