2005年6月 5日

ラーメン二郎 高田馬場店

ラーメン二郎 高田馬場店

東京都新宿区高田馬場 3-12-1
TEL:非公開
11:30~14:30 17:45~22:00(平日)
祝休


結婚式で腰が15回抜けるくらい((c)井崎脩五郎)ばらまいてきた…でも今年あと2回名古屋で結婚式があるんだよなあ…orz。ってなわけで井崎脩五郎といえば高田馬場、つけめんが始まったので行ってみることに。日曜の夕方で東京駅からの帰りっていうと、ここか池袋しかないのが悲しい。ウィークエンドUターンジロリスト生活はいつまで続くのか…。到着したら店外待ち5人、中をのぞくと全員食ってなかった。こりゃ待つなと後ろを振り返ると後客15人。店の前で折り返すのがルールだけど、それを無視して小滝橋のほうにずらぁ~っと並ぶのもいつもの高田馬場の光景だ。

今日の店員の構成は「店主」帽子をかぶった店主と、若い助手。客のほうは家族連れ、女性シングル、女性ペア、キモヲタ(ワタシ)、琉球王朝風チョンマゲ、女真族風辮髪など雑多。このカオスな感じが高田馬場って感じがするのはワタシだけか。

つけ麺夏☆馬場二郎





夏☆馬場二郎 野菜マシマシニンニクトウガラシ(800円)

今年もこの恥ずかしいネーミングは健在。食券制だったから良いものの、申告制だったら客の苦笑をさそうな…って「つけ麺」って言えばいいのか。そもそもつけ麺って夏だけの食べ物じゃないと思うけど…。冬のチベタイ水でコキンと冷やされた麺ってのもいいもんだけどなあ。って思いながら食い進めてゆく。
野菜ましましにしたので見事な野菜の盛り。モヤシ多めながらもシャクシャクした歯ごたえでなかなか。麺がなかなか見えないぞ。ただ、つけダレが個人的に甘ったるいような。ただでさえ甘い高田馬場のスープだけど、砂糖が加わってむむぅ…と思ってしまう。二郎というより、大勝軒にベクトルが向いていると感じた。くずしブタもスープにつけて麺とからめて食べるとまあまあ。唐辛子のストレートな辛さと、ニンニクの刺激的な辛味が口の中を攻撃する。スープ割りもらって完食。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/287

コメント[6]

むー。拙者、馬場のつけは未食でござる。

おぬし、只者では…

>otaqeさま

馬場のつけめん、これもある意味
コレクターとかマニア向けなんでしょうなあ~。
ワタシ的には野菜の盛りが良かったので満足ですが。
それにしてもここ、新メニュー出るたびに食ってしまう、
悪女の深情けってやつですかね~。

去年は断られましたが、今年のつけ麺は\100プラスで大盛りにできるらしいですな。

実は去年もダメもとで聞いたら悩んだ挙句、大盛にしてくれましたよ。

今年はニコニコしながら悩まずに玉数を聞いてきましたから、「想定範囲内」なんだと思います(笑)。

>客のほうは家族連れ、女性シングル、女性ペア、キモヲタ(ワタシ)、琉球王朝風チョンマゲ、女真族風辮髪など雑多。このカオスな感じが高田馬場って感じがするのはワタシだけか。
まさにカオスですねw
自分が同じ状況だったら、(((( ;゚Д゚)))ガクフ゜ルものですよ。

>ツトム師

食い終わって高田馬場駅で気がつきました。
「大盛りにできるかどうか聞けばよかった!」と。

>WOWさま

見ましたよ~麺2.5タマ。
やっぱりつけ麺は麺を食わねば!と思いますが、
この甘々つけダレはかなり好みが別れそうです。
個人的最強甘々の梅もとのつけダレよりは甘くないのが救いですが…。

>硝子の心臓さま

いやー、なかなかいろんな意味で、
サイバーパンクな「クライミライ」を感じましたよ。
あの客層に対抗できるのは北浦和マルジしかない!

コメントする