2005年6月19日

らーめん 陸

らーめん 陸

東京都世田谷区桜3-8-14
TEL:非公開
11:30~14:30 18:00~22:00
木休


どっと屋を食ってそのまま池袋に戻っても良かったのだけど、まだおなかがちょいと空いてたので環七を南下。外回りは白バイの大群で10台以上見かけたが、こちらの内回りは0台だ。すいすい進んで陸橋を右折してここへ。おっ、店外待ちがいないぞ!ってここは背後霊が存在するんだよな…と、幽霊屋敷に侵入してみる。

カウンターは満席、背後霊1名。さっそく食券を求め、店外に出て待つことにする。すると後客がワタシを交わし店内に侵入、食券を求めて何事もなかったかのように背後霊に加わった…。またもや背後霊阻止は徒労に終わったようだ。ワタシもあきらめて加わることにした。ここの背後霊はトイレを超えて向こうに行かないのが暗黙のルールのようだ。
背後霊状態から蘇生し、カウンターへ。となりの左利きの若人は豚増しらーめんの大を苦戦しながら食っている。いつも店内でヒマなので挙動不審にならない程度に店内やお客さんを観察するのだけど、左利きの人はたいてい何か苦戦しながら食っているような気がする。今度統計を取ってみるか…って「苦しいですか?」とかインタビューするのか!?左利きの若人は左に座っていたのでかなりいい感じだが、これが右に座られると狭い店では手がぶつかって地獄を見る…。

つけめん+豚増し





つけめん+豚増し、ヤサイマシ(700+150円)

さっきのどっと屋の豚がいい感じだったので、こちらも豚増しにしてみた。ちょうどワタシが食券を買った時点で豚増しは売り切れだ。どうも日曜は仕込みの関係で早切れらしいな。ありがたくいただくことにする。ふむふむ、二郎って名前のついてないこういう店ではほぼ最強の豚だよなあ。この、脂身と赤身の区別がつかないような感じ、なんとも言えずトロトロホロホロで旨いのよ。そのまま食べてもいいし、スープに浸すとジューシーさ倍増でさらに良。しかもこのつけダレ、酢のすっぱさとは違う柑橘系の爽快な酸味なんで、この味が豚にドレッシング感覚(?)でこれまた。つるつる、むちむちの麺もさっぱりとスルスル食えるし、大量のキャベツも酸味で食えるので非常にいい感じだ。
ほんといいよなあ。満足して池袋まで戻った。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/303

トラックバック

» らーめん 陸 from O'TAQE's Workshop Blog ver.
前回の陸 から約半年を経過し、大変ご無沙汰になってしまいました。今年初の陸。   開店10分前の到着で先客5人。シャッターが開けられた時点で12人... 続きを読む

» 「らーめん 陸」 スープだけコタ━(゚∀゚)━! from たみおの日記
営業情報:たみおの日記 ラーメン二郎・二郎系 一覧表暑い→つけ麺→陸へw 昼の部の閉店間際に行ったら、豚増しと塩つけが売り切れ。 食券を購入し、提出時に... 続きを読む

コメント[5]

むむ。スレ違いでしたなぁ。

ワタシは醤油or塩に限らず ”つけ”未食なんで、読んでて喰いたくなっちゃった。

二郎系最強ブタ投票に、一票!!

>otaqeさま

ここのつけはほぉ~んのちょっとスッパいんで、
人を選ぶやもしれませんが、旨いですよ。

ああ、ここの豚でビール飲みたい…。

いつも楽しく拝見させていただいております。
私も左利きですが、苦労して食べているのは
たまたま・・・だと思いますねぇ。
むさぼりついて食べているのは否定できませんが・・・。

ここは通路が広いので背後霊になりがちですね。
しかも、最終ロットでは店主も行列を店内に誘導していたので、仕方ないですな…。

>左利きリーマンさま

どうもはじめまして。
そうですね、たまたま…だと思います。
こういう邂逅こそ、二郎(系)の醍醐味だと思うのですが、
自分なりに観察を続ける必要があるように思います。

>たみおさま

店内に誘導するっていうのは、この季節
「冷房の効いている店内に案内したい」
っていう親切心からきていると思いたいのですが、
食べている我々にとっては非常に落ち着かないです…。

コメントする