2005年6月26日

中華そば屋 三吉

中華そば屋 三吉

名古屋市千種区新西2-1-13ザ・ボックス新西1F
TEL:052-776-5158
11:00~15:00 18:00~22:00
月・第三火休


今日は父親と尾頭橋のウインズまで馬券を買いに出かけた。んで、その前に飯でも食おうよと、名駅から基幹バスに乗って三吉まで行ってみた。途中、千代田橋のサンテラスがアピタに変わってたり、香流橋の温水プールが見えたりで、非常に懐かしくなった…。
小学6年まで守山に住んでたワタシは、2軒隣の家の幼なじみKちゃん・近所の幼なじみSちゃんといっしょに自転車で香流橋の温水プールに泳ぎに行って、そのあとサンテラス千代田橋のマクドナルドでマックシェイクを飲むのが休みの日の定番だった。ちなみに守山には当時マクドナルドが無かったんだよね…。今、その物静かな同級生のKちゃんは今は名古屋でピアノの先生をやってるし、おてんばな妹分のSちゃんは大阪で保母さんをやってる。懐かしいなあ…って、その3人で一緒に登下校したり、お泊まり勉強会したり、etc…で、毎日いっしょに行動してたんだけど、よくよく考えるとこれっていわゆるギャルゲー状態では??と、今更ながら気づいて愕然としてしまった(笑)

とかそんな話を父親としつつ(無論ギャルゲーうんぬんはしていない)、猪子石西原というバス停で降りて進行方向とは逆に戻って三吉へ。ハーレー/ビューエルのお店の向かいだ。

待ちスペース






電話ボックスの引き戸の巨大版みたいなへんてこりんな扉を開けるとこんな感じ。ウェイティングスペースのようだが、今日は有効に活用されていない。東京でもちょっとは知られた店&日曜ってことで、結構混んでるかな?と思っただけに拍子抜けだ。そのままウェイティングスペースを抜け、もう一つの扉を開けて店内へ。店内は厨房を取り囲むように配列されたカウンター席のみ。銀色/大理石を中心とした、清潔感あふれる冷涼な配色だ。

メニュー






素材のうんちくとともに置いてあるメニュー。結構豊富だけど、どれも最初に「塩」が来てる。ここ、かの「あいうえお」の店主が食って感動して、ラーメン屋をやろうと決意させたほどの塩ラーメンの店とのこと。だから、「あいうえお」って、三吉インスパイア系らしいんだよね…。ただ、「あいうえお」の店主、自分をメルマガで「頑固おやじ」と呼んでみたりしてイマイチ不明なところがあるんで、実際食ってみないとわからんと思って来てみた次第。

ビール
餃子






ビール(500円)、餃子(400円)

まずは定番のこいつらで乾杯。昼間っからよく冷えた陶製のタンブラーで飲むクラシックラガーは最高。餃子は甘ったるくなく、素直な素材の持ち味が生きた感じで、ラーメンの味を想像させる。

中華そば(塩)






中華そば(塩)(750円)

しばらくして出てきた。透き通ったスープ…。ふうむ、香りはスガキヤだけど、味は全然違うぞ(当たり前だ)。そもそもスガキヤの香りの塩ラーメンって食ったことがないんで新鮮だ、って魚介系スープをすべてスガキヤで説明してしまうワタシのボキャボラリーの貧困さに乾杯。ってなことを別にして、極力塩味を押さえ、極上の素材の持ち味を生かしたスープは、今日みたいな夏のクソ暑い日に飲んじゃいけないと思う。晩秋~冬だなあ。

皿中華(醤油)






皿中華(醤油)(850円)

てなわけで、店もその辺を考えてるのか夏限定メニューの「皿中華」と「冷やし」を置いてある。「冷やしラーメン」ってウマイと思ったことがないんで、だいたい味の想像がついていいだろう、と「皿中華」を頼んでみた。チリチリの細麺にはアクセントに緑と赤の麺が入っている。ホウレンソウとニンジンかな?彩りは非常に鮮やか。スープはちょっとすっぱめ、味濃いめで、大量に入れられたネギもあって非常にわかりやすいもの。素材の持ち味というよりは、食欲のなくなるこれからの季節に相応しい内容かなあ。

中華そば(醤油)






中華そば(醤油)(750円)

父親が注文したこれ。ちょいと食べさせてもらったけど、こちらは醤油がかなりきつい感じだ。ダシというより醤油でぐわしゃ!と食わせる感じ。ワタシにラーメン道を伝授した張本人の父親のコメントを載せておくと、
「ラーメンは後でと言ったにもかかわらず餃子とほぼ同時に出てきた、けしからぬ。」
「スープ、老人の俺にはしょっぱすぎ。塩食わせろ。」
「チャーシューは柔らかくて良いが、味がついてないのでスープに負ける。」
「麺が茹ですぎでフニャイ。細めの麺では致命的だ。次回は固めがデフォ。」
「味玉は合格。」
とのこと。厳しい…。

皿中華(醤油)






かわり物ご飯(ランチタイムサービスで50円)

〆は50円(!)のかわり物ご飯だ。白飯の上に、厚揚げと野菜のあんかけが乗っかってる。これはウマイねえ。味付けが濃くなくて、結構おなかが一杯にもかかわらずバクバク食えちゃったよ。
てなわけで飲み食いしたけど、今年はつけ麺やらないのかなあ…。つけ麺やらなかったら、次回訪問はかなり先になりそう、っていうか、ぶっちゃけインスパイアの「あいうえお」のほうがワタシには合ってた。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/309

コメント[3]

一読、「血は争えない」という言葉が思い浮かびました…
お父上も料理好きなんでしょうか?

>ギャルゲー状態→キーワードは「幼馴染み」 (=゚ω゚)ノ

しかし幼馴染みってことは自分と年齢は同じ・・・・・orz
時の流れには逆らえず、その言葉に甘酸っぱさを感じ無くなってきた今日この頃。
まこ様はまだ大丈夫ですよね(笑)

さすがに名古屋まで”三吉”の味を確認するのは難しいのですが「あいうえお」の
店主に天啓を与えるほどのインパクトがあるラーメンだったのでしょうか?

>三色さま

料理好きが高じた挙句に糖尿になってしまった愚父でございます。
今日は長良川の某所にブドウ糖とインスリン持って
鮎つりに行ってるみたいですよ。
ワタクシ、糖尿も争えない結果になるんでしょうか…。

>Think-Pさま

Kちゃんのほうは先月会ったのですが、
ええ感じにセレブ化してきておりました。
ピアノと結婚するんだってさ!

あいうえおの店主には天啓を与えるやもしれませんが、
ワタクシには降りてこなかったようで…。

コメントする