2005年7月 6日

べんてん

べんてん
東京都豊島区高田3-10-21
TEL:03-3208-3790
10:45~21:00(土・祝16:00まで)
日休


本社へ勉強会に行く前にべんてんに寄ってみた。6人ほどの待ちで、「こりゃ早く食えるなあ」と思ってたんだけど、ちょうどお湯替えのタイミングでなかなか出てこず。うーん参ったなあと思ってたらゾロゾロ出てきたんで店内へ。しかし、2Fってどんな人が住んでるんだろう?おばさんが出入りしてるのを見たことがあるが…。

これまでここで大盛りを食べてる人に遭遇したことがないんだけど、ワタシのあとから入ってきた人が席につくやいなや、「つけめん、大盛り」と。店内の客、箸を止めて全員一斉にそちらを向くのがおもしろい。が、
店員「当店で中盛りを食べたことはありますか?」
その人「いや…」
店員「では、中盛りからお願い致します」
店内の客、皆何事もなかったかのようにすすり始めた。

辛ネギつけ辛さ二倍






辛ネギつけ辛さ二倍(750+200+50=1000円)

店内に掲げられた未食の「塩ラーメン」の表示には目もくれず、今日は今までやってみようと思ってたことの実行。ここの香ばしい唐辛子とネギって絶対合うぞ!ということでこの組み合わせだ。しかも辛さ2倍。ホワイトボードには「ガ」と書かれるこれ、桜エビとニンニクといっしょに唐辛子が揚げられており、一撃目はそんなに辛くない。濃厚なスープと相まって、辛味もうまみの一部として感じられてしまうような感じだ。そんなこんなで、ふと気づくと辛くなってた!ってな感じ。その辛味を、シャキシャキの白髪ネギの甘みが中和して、味わい深い麺がスルスル入ってしまう。これはいい感じだ。
ズルズルズル…とあっという間に完食し、スープ割りを。いつもは大量につけダレが余ってしまうので、麺のどんぶりにつけダレを少しあけてからスープ割りをお願いするのだけど、今日はそんなことなかった。ネギがつけダレを絡めて持って行ったんだね。で、このスープ割りの下の沈殿物をすすってる時のこの至福感ときたら…。

この組み合わせ、個人的にべんてん最強だ。次回は中盛り+辛さ3倍(あるのか?)かなあ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/317

コメント[7]

おお!
ネギと辛つけの組み合わせ美味そうですなぁ。
ネギは早い時間に行かないと、あっという間に
売り切れちゃうんですよねー。

今度昼に行って私も試してみようかなぁ(^^)

無謀なチャレンジャーのその後が気になります(^^;)
泡盛の件、承知すまスタ。程よく寝かせた古酒の手ごろなものでも探してみます。

沈殿物の風味といったら・・・沈殿物と思えないうまさですんね。
立派な具かと(笑)
こんなトッピングできるんですか!次回は是非頼もう。

中盛り食ったことありますかって懐かしい・・・
べんてんて大食いを意識しなければ、おいしそうな
バリエーションいろいろとあるんですよね。
こんどは味わいにいこうかな・・

>いしこうさま

ええ、非常に美味でしたよ!
かなり難易度高めですが、
是非チャレンジしてみてください。

>Think-Pさま

ワタシが食い終わる頃に丁度中盛りを供されてましたが、
一瞬「!」ていう表情をしてました。その後は…。
あれを大盛りだと思ったんでしょうね。

泡盛、よろしくお願い致します。

>か~めんさま

通常のつけめんの沈殿物もウマーですが、
辛つけは特に絶品ですよね!
ネギは平日13時まで、土・祝は11時までに行かないと、
かなり厳しめですのでお忘れ無く。

>ツトム師

二郎でもそうですが、トッピングやらなにやらで、
食べる人の分だけ楽しみがあるんですよね~。
力一杯腹一杯になるのもヨイですが、
しみじみと味わって食べるのもまたヨイです。

むむ、まこぴさんもべんてんに…

行きたひなぁ…

>otaqeさま

べんてんもハマル人ははまりますからね~。
ここ以上のつけめんは自分の中でありえません!

コメントする