2005年7月17日

ラーメン二郎 新宿小滝橋通り店

ラーメン二郎 新宿小滝橋通り店

東京都新宿区西新宿7-5-5
TEL:非公開
11:30~22:30 日祝~21:00
無休


今日は横浜へ遊びに行く日なのだが、その前に夏の本のための取材を、と新宿で途中下車。このスケベ根性が恨めしいな。

今日の店員はめがねの店主(?)とおばさん。おばさんの接客は相変わらずテキパキ系だ。ワタシが入る時には空席3つだったが、着席直後には背後霊4体。かなり人気があるねえ。ちなみに武蔵は店外待ち20人(店内待ち…?)ほど、中本は店外待ち10人(店内待ち…?)ほどだった。

券売機






「大二郎は食べきれる方のみご注文ください」とあるが、ワタシ的には物理的には可能だとしても…?

ぶた入りつけ麺+韓国のり+ねぎ、ヤサイ






ぶた入りつけ麺+韓国のり+ねぎ、ヤサイ(800+100+150円)

写真ではとぎれてしまっているが、ここ名物の「そそり立つレンゲ」はつけ麺でも健在である。接客担当のおばさんの独自の美意識の現れかと思ってたら、店主(?)もしっかりと偶像を麺中に打ち据えていた。客に提出する時、傾こうとするレンゲを執拗に修正するさまはかなり宗教的であり、一種の土着的なアミニズムを感じる、と言ってしまっては大げさすぎるだろうか?
人と会う約束があるのでニンニクを排除したトッピングにしたが、しまった、ネギを入れてしまったではないか。ネギ臭プンプンか…?と思ったら、辛味・臭みもなくシャクシャクした歯ごたえと香りを突出させたいい案配のネギである。ヤサイ増しにしたせいもあるが、麺の量も少なく野菜分たっぷりで、つけダレの猛烈なすっぱさも相まってかなりヘルシー感のあるつけ麺である。しかし麺のブヨブヨ具合ときたら…。個人的には固め必須だと思う。韓国のりはまんま「韓国のり」、すなわちごま油と塩で味付けされたのりである。麺の上にものりが乗っているのでのり天国だ。
うーん、ヘルシー!ここまでヘルシーな二郎を食べたのは初めてかも。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/327

コメントする