2005年9月10日

のスた(旧凛本店)

のスた(旧凛本店)

東京都品川区大井1-21-6
TEL:非公開
11:30~14:30
土・日・祝休


小滝橋のあと、埼京線-りんかい線に乗って大井町へ。平日昼のみ営業と、猛烈に敷居の高い旧凛が今日だけ土曜にやってるというので訪問。駅の周り、なんかエージェントスミスみたいに耳からくるくるコードを出したダークスーツの人が一杯うろうろしてた。ポリスもたくさん。いつも挙動不審気味にプレーリードッグのごとくキョロキョロしながら歩いているので、確保されないかとヒヤヒヤした。

店に到着したら行列ゼロ、入ると先客4名。なんか拍子抜けしちゃったな。ピラミッド建設のごとく長大な行列を予想していたのだが…。
ここ、菱屋時代に行ったきり(1年ぶりくらい?)。狭い狭い店内は相変わらずだが、壁にマジックで書き殴ったメニューや、凛の中に「のすた」の文字が躍る旗(?)など、面白い付加要素もたくさん。メニューの隣に古びた土方歳三の写真が飾ってあった。店主のイメージに合うなあ。

塩ラーメンニンニク





塩ラーメンニンニク(700円)

菱屋時代みたくカウンターの下でモゴモゴ作るのではなく、カウンターの上でドーンと作る。しかし麺ゆでの時間短いな。じっ、と湯を見つめ、ぱっ、と麺を入れ、さっ、と取り出す。この見切りの良さ、さすが格闘家。
そんなこと思いながら食べ進む。フムフム、しょっぱー!と、うん?の中間くらいの、かなり絶妙な塩かげん。無化調。塩ラーメンってなんか食べるとほっとするよね。繊細なスープをまとった極細麺も、やや固めのゆで加減で良い。壁には「麺の指定(固めなど)は受け付けません」とあるが、このゆで加減、ベストだ。脇を固める具。太いメンマはモキュモキュモゴモゴした食感、チャーシューも柔らか固めって感じ。ラーメン食べてる時、の麺ののどごしと具の歯ごたえのマッチングが良いとなんか幸せなんだよね~。大満足。

隣で汗をかきかき、連れとラーメン交換しながらうまそうに食べてる人、どっかで見たことある人だな~と思ってたら、前ラーメン王の人と奥さん(?)だった。ラーメン王関係の人見たの初めてだ。ほとんど二郎系だけ回ってるから、遭遇確率低いんだろうな…。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/369

コメント[3]

どうも乙ですm(_ _)m

塩ラーメンとしては良い方だと思いましたけど、イイですよね(´ω`)

醤油はいつになったら食べられるのかなぁ(´-`).。oO

麺、細いなぁ~。
スープもすっきり透明で、ニンニクが微妙な感じ?
ニンニクなしと入りではどんな差がでるんかいな?

>Think-Pさま

塩ラーメンって微妙なのが多いかなって思うのですが、
これはかなり良かったですよね。
醤油…たぶん無理なのかなあ。

>otaqeさま

もはや凛のマカとは違いますね。
さぶちゃん譲りのショウガが効いたラーメンでしたよ。
ニンニクは入っても入らなくても変わらないかも。

コメントする