2006年1月 7日

中華そば 卍

中華そば 卍

宮城県仙台市青葉区五橋2-5-11
TEL:不明
11:30~14:00 18:00~21:00
日・祝休


さて、3連休だ(ホントは変則12連休だけどw)。ってなわけで、最後の3日間はJR東日本のオトクなきっぷを使用して、いざ逝かん、北の大地へ!こんな感じにふらりと旅に出られるのも、独り身のお気楽な所だなや~。大宮から仙台まで、はやてで1時間。早い。グリーン車で行ったので、飲み物やらおしぼりやらのサービスもうれしいな。さわり心地の良いマクラで思わずうとうとしてたら、外は白銀の大地だよ。青葉城でつるっと滑ってころんだり(仙台駅から歩いていった…遠い&キツイ)、アーケードで女子高生の生東北弁にハァハァしたりして遊んだたあと、 卍まで。もう2回目だから迷わないな。ちょうど開店直後で、先着1名。

店員は「イラッシャいらいマー」と接客する方。吉川晃司(に似てると個人的に思う)店主は見つからず。どこに居るんでしょうね。券売機は新券未対応なんで気をつけるべし。後から来て隣に並んだリーマン二人組、「二郎って三田が本店で云々」とか宣う。おろ?とか思って聞き耳立ててると、「東京では新宿の桂花が一番だな~」と。なんだかな~。

(写真はごめんなさい)

醤油(並)ニンニク(700円)

まず最初は醤油(並)を。し、しょぼい…。鶴見の半分くらいの量ですな。麺は相変わらずの池袋インスパイアゴリゴリ麺。もちろん二郎とも凛とも全く違う。スープは今の凛をインスパイアして目を離した隙に大変なことになったような感じ。で、さっくりと4口ほどで完食。

(写真はごめんなさい)

ライト(並)(700円)

次は、醤油と同時に買って、隠し持っていたライトの食券を提出。チャイニーズ店員、目を丸くしてびっくり。ライトは普通のスープ+謎の別スープ?で、ダブルスープを使用。すっきりした塩。もちろん脂は醤油より適当に取り除かれているが。表面を覆っているのはフライドオニオン。はっきり言って、シナシナで油も古くてにおう…。なんか、最初の醤油よりちょっと多めだったような。ヤサイも、ブタも。店員にマークされたんだろうね。で、7口ほどで完食。

(写真はごめんなさい)

味噌(並)ニンニク(900円)

予定していた列車の時間が来そうだったので、いきなり全メニュー制覇はあきらめ、せんとくさんが「カレー?」と言っていた味噌を。新券しかなかったんで、食券を購入すべく両替すると、チャイニーズ店員想定の範囲内だったのか、思わず苦笑い。で、出てきたブツがこれ。カイエンヌペッパーが振りかけられており、一口目は確かにスパイシーでカレーっぽい。 っていうか、最後までカレーなんすけど!以外と旨かったな。まあ、カップヌードルの例を出すまでもなく、カレー味って外れがないんだよね~って、これ味噌なんですけど!

ええっと、この店、遠征の価値は…?ワタシみたいに旅行にからめて行くんだったらアリかも。二郎を知ってる我々は幸せだよね~。でも、「今度は大で全メニュー制覇するぞ!」と密かに思うヴァカがここにいるぞ…。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/415

トラックバック

» 宮城 仙台市 中華そば 卍(まんじ) 『醤油(並)』 from 一人ラーメン部 活動日記
今日は、私用のため有休にてお休み。 せっかくの平日休みなので、行列宿題店の『中華そば 卍(まんじ)』に行っ... 続きを読む

コメント[2]

まこぴーさん、またまたご無沙汰です。いつも拝見してますが、たまの登場ばっかりですみません。しかし1入店で3食!脱帽です。
私も12月の初旬に卍に行って来ました。(3回目・・・1,2回目は話せば長い)前日大崎の凛に行った際に卍訪問のことを告げ、いざ盛り?の都へ!私が卍に行った時(開店20分前到着)は外人でなく、店主でした。暖簾を出してる際、私を見て驚くかと思いきや、冷めた態度xx「冷たいじゃん」と言うと「凛のこうちゃんからメール着てましたよ」・・・(教訓)メールは新幹線より早い!    また参上しま~す◇◇

>ラーメン二郎命がけさま

どうも、ご無沙汰しております。
1入店で2食であれば、二郎で小を食べている人だったら楽勝だと思います。

盛りの都…ではなかったので、
今度は大で全メニュー制覇に挑戦したいと思いますが、
果たして再訪はいつになることやら。

コメントする