2006年1月15日

ラーメン二郎 荻窪店

ラーメン二郎 荻窪店

東京都杉並区荻窪4-33-1
TEL:非公開
11:30~14:30 18:00~22:00(土21時まで)
12:00~21:00(日) 
木・祝休

さて、日曜だ。朝起きて、どこの二郎に行こうかな~?とPCの前に座ってる自分を発見してorzだ。ちょっと前までは違ったんだけどな~。まあ、まあ。さて、西か東か悩むが、明日の用事のためにちょっと買い出しってことで池袋-新宿の買い物ってなことで荻窪と絡めて計画を立てるが、西のほうに向かう最中で一之江味玉の報がor2。ところで、orzの比較級って、orz<or2<or?らしい。某バロンから直々に伺ったので間違いない。とか思いつつ荻窪店前まで。公式では12時開店となってるけど、11時30分前から開いてるみたいだね。店に向かう途中で「ゲフッ」とか「ウプッ」とかやってる人と通りかかると楽しくなるね~。

券売機





店につくと満員で席待ち2人(背後霊)だ。背後霊阻止委員会代表代行補佐代理心得としては外で待つほかない。3人出た所で店内に入店。べんてん方式と言えなくもない。しかしここの券売機の文字、いい味というか商業主義とオサレ系が二郎で昇華するとこんな感じになるな~っていい感じのレタリングしてる(わけわからんか)。その後、家族連れとか休日出勤の電気系の方とかいっぱ~い来られてかなりの繁盛。日曜の荻窪はかなりのカオス&カーニバルですぞ。

ブタのつまみ+発泡酒





ブタのつまみ+発泡酒(150+250円)

やっぱ、ビールにはつまみっしょ。ってなことで荻窪では初のブタのつまみと発泡酒だ。ブタのつまみ、150円としてはいい感じだよね。ごろごろっとしたこのブタを発泡酒でチマチマ日曜の午前中からやってると「廃人」ってな感じだおww。とか思ってるとシノワ助手から「ニニーク入れますか?」と。

塩つけ麺+麺大盛+ブタ追加、ヤサイニンニク





塩つけ麺+麺大盛+ブタ追加、ヤサイニンニク(850+100+100円)

今日は暖かかったんでつけ麺、しかもワタシ的に未食の塩だ!ちなみに塩はつけ麺の食券を提出する時に「塩で!」と申し出るとできるよん。

スープのアップ
麺とブタのアップ





つけダレの表面には黒い油が。最近流行のマー油っぽいが、香りやコクはあくまで傍流。荻窪らしい「さっぱり」としか言いようのないベースのスープに、こしょうが振りかけられてジャンク度としたら「ええ、まあ」と相づちを打つ程度で、ゴクゴク飲めるつけダレだ。ってか、塩で「ガツン!」という店があったら教えてもらいたいな。いかにも荻窪らしい。このつけダレに断面角の麺をつけて食べるとふーむと言った感じ。以前は強烈と思ったニンニクも、なんかちょい気が抜けたような。まあ、ブタをスープに舌して食べたら、ボリュームあって脂身も柔らかくなっていい感じだったな。唐辛子を振りかけてサクッと完食。

塩つけ麺、期待しなくて行ったけど、期待してなかっただけに好ましい印象を受けたな。でもこの店、ほかの二郎にはない一種独特の雰囲気というか、吉野屋をn倍殺伐とさせたような感じを受けるのは気のせいかな…。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/423

コメント[2]

 15日を逃すと10日以上二郎が食べられなくなるので、散々荻窪と迷った挙句に昼はらーめん陸へ行ってしまいました。
 そういえばまだ荻窪で塩つけ麺をいただいていませんでしたっけ……昨年秋からずっと宿題として残っていますが、このレポートを読んでますます食べたくなりましたよ。

>極楽副編集長さま

塩つけ、ここまで逝くと二郎とかけはなれてしまいますが、
一度おためしになったほうが良いと思います。

そういえば陸、行ってないなあ…。

コメントする