2006年1月22日

きょうのばんごはん

ビーフン調理例





昨日の放浪がたたったか、今日はなんだか熱っぽい。ってなわけで布団の中で本を読んで過ごした。本は「菜の花の沖」の3巻~4巻。読んでたら回復してきたのでちょいと軽食を作ってみた。先日K君にもらったマレーシア土産のビーフン。鶏胸肉は片栗粉をまぶして塩コショウお湯とともに炊飯器で1.5時間保温。白髪ねぎを作り、もやしを茹でて冷凍ほうれん草を戻してからビーフンを茹でる。この化調感バリバリ…と思ってたらなんかスカーンとしててウマイじゃないの。悔しいから味の素を振りかけ(笑)、ナンプラーとレモン汁をかけて食べてみた。うーむ、パクチーがないとなあ…。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/427

コメント[2]

こんばんは~☆
さっそく食べていただけたんですね!
しかもすごく凝ってるじゃないですかぁ。
自分たちであげておきながら、美味しそう(笑)
我が家はまだ食べてなにので、まこぴさんの真似して食べてみます♪
そうそう、もう1種類別の味で、辛いのがあるのでよかったら持って行きますよ。
私も料理はセンス無いので、どんな風に調理されるか興味津々です♪

>Kのヨメさま

毎度どうもです。いつもお世話になっております。
料理はセンスではなくて真心ですよっ
自分は自分のためを思って…って真心じゃないような(汗)
辛いの、楽しみにしております!

コメントする