2006年3月18日

血戦!北千住!

大はし





実は今日は決闘の日!なわけである。題して「激論!餃子にライスは是か非か!」ってことでディベート合戦。「餃子にはビールだろ!ライスなんかありえん!」と鼻息も荒くフガフガと血戦の地である北千住という名の荒野に降り立つガンマン。腰にはデジカメだ。

おっと、その前にアルコールを摂取しておくべぇ、と駅西口降りたってすぐの天七へ。しかし常磐線沿線ってみんな駅のつくり同じだな。出るとテラスがあって、ファッションビルがあって。でもテラスを降りるとさすがに年季が入ってる。

天七なす





串ageの店だが、一つ170円(二本単位)の価格設定、ドリンクは330円前後、と非常にシンプルな価格体系の店だ。店に入るとステンレスのお盆が出てくるのだが、その上におしぼりが乗ってくるのが面白い。
「二度漬け禁止」のソースにジャブジャブと串をつけ、パクリとヤル。薄めの衣が素材の味を生かしてイイねえ。写真に取り忘れたけど、ここは「若どり」を是非。串に刺してないいわゆる「チューリップ」タイプの唐揚げなんだけど、もう肉汁がじゅわーっとしみ出て最高!合間には取り放題のキャベツをシャクシャク。みずみずしくてあまぁ~い!

キンミヤ肉とうふ





対戦相手とそのギャラリーと合流し、会場の大はしへ。ってかただの飲み会になってしまうのはいつもなワケでw。誰が名付けたか、「東京三大煮込み」の名店である。焼酎はキンミヤ。ストレートでヨシ、水割りヨシ、ロックヨシ、ウメ割りヨシ、サイダーヨシ、の文句なしの焼酎。マルエツに売ってるので是非。
煮込みはさっぱり系。徹底的にアブラが取り除かれてて、それを好む向きには物足りないかもしれないが、かみしめるとじんわりとやさしさが口の中に染み渡るようでウマイ!味を吸ったとうふもかなりのモノ。

カニクリームコロッケ柳川





そのあと、適当に魚介系とか揚げ物とか柳川なんぞを。煮込みもウマかったが、これらのいわゆる「居酒屋料理」もウマイ。そして何より、店のオヤジさんの素早い動きと気持ちいい接客が好印象!まさに居酒屋の中の居酒屋ですな。再訪必至!

徳多和良久助





そのあと「割烹くずし」の徳多和良に行くも、当然のごとく満席…。ワタシが行ったときはガラガラだった天七も満席…。まあイイ時間だからなあ。ってことで案内された「久助」もかなりのモンでしたねぇ。あ、今回は皆たばこ吸わないヒトばっかりだったけど、やっぱりメンバーでたばこ吸うヒトがいないと料理がおいしいねぇ。食事中は吸うな!とまでは言わないけど、不味くなるのは勘弁…。

しかし、こうもイイ店が多いと、困るなあ…。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/456

コメントする