2006年3月25日

ラーメン二郎 上野毛店

ラーメン二郎 上野毛店0603
東京都世田谷区上野毛1-26-16
TEL:非公開
11:00~14:30 18:00~22:00
11:00~16:00(土曜)
日・祝休

小ぶた入り+つけ麺+ふりふりカレー+ハバネロ×10、ヤサイニンニクアブラ(970円)

今月もラッキーな前倒し26デー!つうことで上野毛へ。しかし上野毛ってほかの二郎よりオッサン率が多いような気がする。オマエモナー。さて、今日は今日はカレーとチーズの相性を試してみよう。おっと、ハバネロも忘れちゃいけない。ってことで辛いモン好きなんで古き良き時代の呉服店の丁稚さんぽい助手さんに×10と申告してみたらあっさり承諾された。

つけダレブタ





ふむ。チーズはタッパーに入った粉チーズ(パルメザンチーズ?)をさらさらと振りかけるタイプ。溶け残った粉チーズがちょっと粉っぽい。まあ当たり前と言えば当たり前なんだけど。個人的には新代田や関内みたいなとろけるスライスチーズのほうが好みかな。チーズといえばモッツアレラチーズをブタみたいにスライスして二郎に載せたらウマイと思う。
しっかし辛かったな。通常のハバネロだとカラダがポカポカする程度なんだけど、こちらは体中の毛がアタマのほうに逆立って行って、脳天にズッキューン!とムッハー!的な辛さだ。中本の冷やし味噌よりは若干劣るけど、普通の人だったら悶絶するレベル。端からみたらワタシはマンガ版ドラえもんのジャイアンが激怒してるような姿に見えたことだろう。それはさておき、カレーとの相性もバツグンだね。アブラ+チーズでこのヤバさ。ごはんにかけて食べてみたい。ただ、ブタはパサついてて少々頂けなかったかな。

ゴルフ橋を望むお不動さん





食べた後、等々力まで歩いていって渓谷を散策。日本人として、命が芽吹くこの季節、しみじみと心に染みいるものがあるねぇ。しかし23区内にこんな場所があるなんて、ある意味奇跡みたいなものを感じる。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/461

コメントする