2006年5月 3日

麺屋 白神

麺屋 白神

岐阜県関市巾2-144-6
TEL:0575-25-0656
11:30~14:00 18:00~22:00
月休

さすがにすがきやだけではちょっと物足りなく、どこへ逝こうかな~。と脳内マップを広げる。ホントはあの「屋村中」の元店長がやっている笠松の「ひかり」に行ってみたかったが、あいにくの定休日。なんで、近くの白神に行ってみることにした。ここらへんはむかぁ~しむかぁ~しに塾講師のバイトをしてた頃によく車で通ってた道なんで、さすがに懐かしさが。いやいや地元に来ると涙もろくて困る…。こんなところに、「本格東京らぅめん」って名乗る店が出来るなんて、当時は思いも寄らなかったな。

メニュー張り紙






ちょっと雑然としてる店内は、昼の部終了間際だったけどそこそこの入り。バイトらしき女子高生らしき店員に、Yahooのクーポンを見せて味玉をお願いする。しょっつるを使用してるってのが売りの店なんだけど、4月25日からつけ麺と味噌ラーメンの店に変わったらしい。しょっつるラーメンを楽しみに来たんだけど、ちょっとがっかり。まあ、ら・け@東片端のつけがちょっとアレだったから、評判のいいここのつけを頼んでみよう。

つけ醤油麺
チャーシュー





つけ醤油(700円)

つけなのにいきなりレンゲが出てくるのはご愛敬として、酸味・甘みが少なくて魚介のダシがじんわり効いたマイルドつけダレは好印象だな。東京でつけって言うとガッツンガッツンなところが結構多いんだけど、ここは場所柄かふんわり・はんなりとした印象。甘みはしょっつるベースなのかな。麺は白くてもちもちとしてて、細めのうどんと言った感じだ。ノーマルで180gらしいけど、ツルツルとガッツリ行けてちょっとモノ足らなかったかも。驚いたのがチャーシュー。げんこつ大の固まりが一つドカーン!と入ってて度肝を抜かれたよ。味のほうはちょいパサ目だったけど、見た目のインパクトって重要だね。

追い出し





ここのスープ割りは「追い出し」と言うらしい。なんで、「スープ割りください」ではなくて「追い出しください」ってなんだか自分が追い出されるような気がして、飲み屋で出入り禁止をウン回喰らったワタシとしては気が気でなかった。が、ネギが追加されて出てきた「追い出し」は、思っていたよりもタレの風味が濃厚でちょっと飲むのに苦労。

全体的には、関でこれだけのつけ麺が喰えるんだったら!というレベル。だけど、地元との軋轢というか、今後いろいろとあるんだろうな…。どこをベンチマークにするのか、がんばって欲しいところだ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/485

コメントする