2006年5月 5日

麺坊 ひかり

麺坊 ひかり

岐阜県岐阜市柳津町蓮池5-8
TEL:不明
11:00~14:30 17:30~21:00
水休


ちょうどこっちの方面に用事があったので行ってみた。あの高名な「屋村中@高座渋谷」で店長をやっていた人がやっている店とのこと。なんか最近は関東の有名店で修行してから岐阜で店を開く、こういった”Uターン系ラーメン”が増えてるらしい…。が、昼時にもかかわらず先客ゼロ。ちょいと不安だ。しかしこの店の漢字、これで「ひかり」と読むらしい。最初上に女、下に火って組み合わせてるかと思って、なんて残酷な…と思ってしまったのは秘密だ。

メニュー





カウンターとテーブル席で構成された店内はとても広い。オープンキッチン風になっており、屋村中(しつこいか)の名物である天空落としを存分に楽しめる。メニューはオーソドックスなもの。中村屋て行ったことはないが、恵比寿の「AFURI」には行ったことがあるので、記憶を呼び起こしてみる。こんなメニュー構成だったか。個人的にビールがアサヒとキリンの2種置いてあるのがうれしい。迷わずキリンを注文。おっとおつまみも追加だ。「とりあえず以上で」と伝えておく。この「とりあえず」というのがポイント。

ビールとおつまみ





キリンラガー(500円)、おつまみメンマ(200円)、おつまみネギ焼豚(250円)

グラスは凍った状態で出されるのが好印象。こういうところに手を抜かない店ってのはいいねぇ。ま、町の中華屋でヤルビールと餃子もいいもんだが。メンマは極細で味うすめ、ネギ焼豚はしっとりとした食感。これがラーメンと合わさるとどんな感じなんだろう。

味玉らーめん(塩)アップ






味玉らーめん(塩:700円)

ダイナミックな天空落としを二発決め、炭火であぶったチャーシューを載せてできあがり。今までに見た天空落とし(とは言ってもテレビの中村オーナーとAFURI、そしてマルジだ)の中では一番高さもあり、勢いもあったな。しかしこれが湯切りをどれほど効率化するのか、ワタシにははなはだ疑問…。まあそれはどこかの先生に任せておいて、早速食ってみる。細めの麺は芯が一本透き通って見えるアルデンテ状態。コリコリツルルといった食感でうまい。スープはニンニクの香りとトウガラシの辛さがピシッとアクセントで効いており、ただの塩じゃない。チャーシューはあぶり焼されてるけど、暖まってる程度で香ばしさはそれほど無かったな。全体的に、「久しぶりにウマイラーメンを食った」って感じだ。

豚つけ麺つけダレ
麺と具





豚つけ麺(1玉:800円)

当然ラーメン1杯では足りるはずもなく、上で示したメニューにはなくて別のメニューにあった「豚つけ麺」を。電磁調理器でつけダレを暖め、そこに豚バラスライスを入れて煮込みつけダレは完成。麺のほうは茹でた後に冷水で冷やし、天空落としはせずにチャッチャと水を切って具を載せて完成といった感じだ。
このスープ、ベースはかつお系なんだけど、豚のうまみが出ててなかなかイケルな。ちょっとカレーっぽいスパイシーな感じと、柑橘系の酸味も感じて複雑で濃厚な味わいが出ている。ただ、麺は上に乗っかった大量の海苔がつなぎの役割を果たし、ダマになっちゃって…。海苔は少量のほうがいいかも。スープ割すると、このつけダレがカツオガツン系になって!みそ汁のような複雑な味に変化。ちょっと不思議だった。
なかなかイケた。けど、お客さんの少なさはどうなんだろう…?休日の昼間だというのに、後客4名だ。これからが正念場かも。

大丸大丸2






帰りにあの今池の「大丸」の系列店を発見!どうやらこちらが本店とのこと。全くもの足らなかったので連食したかったが…夜からとは残念!しかし今池の店とここの店、外観の差は一体…?

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/487

コメントする