2006年6月17日

ラーメン二郎 八王子野猿街道店2

野猿20606

東京都八王子市堀之内2-13-16
TEL:非公開
16:00~23:00
11:00~20:00(土)
日・祝休

さて今日は新・野猿へ!自宅から1時間30分かかる二郎なだけに、ちょっとしたピクニック気分だ。堀之内駅で降りててこてこ歩くと、10分ほどで看板が…。しかしデケェ。店の周辺にほとんど「ラーメン」って書いてないから、事情を知らない野猿街道を行くドライバーは困惑するだろうなぁ。我々はキターってな感じだけど。さて、平日夜はモノスゴイことになってるらしい店の前だけど、土曜の今日は静かなもの。皆静かに、本を読んだり、ケータイをいじったり、談笑したりして、それぞれの時間を過ごしている。開店前に到着したら30人ほどの行列だったけど、開店してからは店外待ちがゼロの状況が続いていた。

店の導線駐車場






並ぶ際にはこんなカラーコーン&トラ棒で区切られた所へ。フツーの人はなんちゃらランドなんかを思い出すんだけど、ワタシは某ミケの某巨大サークルを思い出す…。裏には駐車場完備。マルジ北浦和も何台か駐車場スペースがあるんだけど、これほど本格的な駐車場を提供する店は二郎(系・出身)では大山富士くらいのモンだよね。

券売機





最初「ん?写真が貼ってあるのは初心者にはうれしいけど、なんで小やつけ麺のボタンがないんだ?」と思ってたら、この写真がボタンになってるんだね。領収書も出るハイテク(二郎では)券売機だ。ワタシの知る限り中本のアレが一番ハイテクだけど、アレはワタシのような機械音痴には使いこなせない…。

フック





前の店舗からのドラゴンボールフィギュアやらアクビちゃん人形やらを微笑ましく眺めながら店内へ。カウンター下にはこんなフックがある。ワタシは本や飲み物等を入れたバッグを持ち歩いているんで、こういう配慮はうれしいね。だって、直に床に置くとドゥルンドゥルンに…。女性とかにはうれしいんじゃなかろうか。テーブル上にはGABANとS&Bの胡椒が互い違いに置いてある。ワタシはGABAN派だったけど、目の前はS&Bだったからorzだったな。

浄水器







店の一番奥には大がかりな浄水器が。限外ろ過のヤツだ。水のミネラル分を残しつつ、臭みの元なんかになる低分子の物質を除去できるんだよね。コップの水は確かにウマイ!ミリQ水を飲んだ(爆)ことがあるけど、アレより全然ウマイよ~(当たり前)。このほかにも広い厨房にはスポットクーラーがあったりして従業員の労働環境もすこぶる良好になったようだ。いい労働環境だからこそ、いい仕事ができると思う。

小ブタヤサイニンニク





小ブタヤサイニンニク(770円)

麺ブタ






さて、新生野猿の味は…。まず麺。前のは正直固くて固くてあごが疲れて大変で、ワタシはあんまり好みじゃなかった。けど、今日のはそれと比べると柔らかめだけどコシがあって、でも固めで。うまく表現できないけど、芯までしっかり詰まってるけど固くない麺だった。これはワタシ好みでウマイ!スープはしょっぱめって所は前と同じだけど、ちょい薄めに感じた。アブラが多かったせいなのかな?以前のようなドゥルンドゥルンスープにこの麺を合わせて食べてみたかったけど、今のスープもいいね。常に進化を続ける研究熱心さが伺えるな。ブタはトロトロで好み!いいブタって、表面が毛羽だってなくてテラテラ輝いてるんだよね!

総合的に見て完全にしてやられたって感じ。二郎を食べてきて久しぶりに感動したと思う。さいたまからでも定期的に訪問する価値ありだね。今度はつけ&和風をヤってみたいな。

注意書き注意書き2








これ以外にも注意書きがズラリ。人に言われる前にきちんと行動しようと自分にも言い聞かせる。今度の移転に当たっては相当の苦労があったと聞く。ウマイ二郎を今後も食べたかったら、周りのことを考えよう。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/499

コメントする