2006年6月17日

ラーメン二郎 府中店

府中0606

東京都府中市宮西町1-15-5
TEL:非公開
11:30~14:00 17:30~22:00
日休

野猿のあと、バスに乗って聖蹟桜ヶ丘まで。京王百貨店で買い物&(謎)をする。京王百貨店のアレ、きれいでイイですよ~。そのあと府中まで。今日は新生2連発だ。ここも駅からてこてこ歩いて行ったが、府中街道まで出てしまった。「あれ?駅から近いハズなんだけどな~?」と思って来た道を戻ると、かなり戻ったところに看板が。駅から行くと看板が見えないんだね。相模大野みたいに、ちょいと道に出してもらえるとうれしいんだけど…。そんな感じでアヤシイ通路の奥へ…。

ちょうちん自販機








小料理屋、スナックが建ち並ぶビルの奥に二郎が。前住所における末期のビル二階も凄かったけど、ここも結構すごい立地だよね。黄色いちょうちんが目印だ。中に入ると店主&若い女の子の2名体制。「いらっしゃいませ~」「いらっしゃいませ~」と見事にハモった。前の「ラサイマー」と比べると格段の差だ。いいいべいいべ。朱色が鮮やかなちょい高めのカウンター席の後ろには、堂々と自販機が占拠してる。喰いながらお茶を買える、いい試みだ。

しかし店主の顔が見えるのってイイよね。前の府中がアレだっただけに、なんか新店舗が一つできたような、違和感が。女の子は店主の娘さんなのかな?口元が似てるような気がする。「そっち、風が通るかな~?」と店主は常にお客さんに対する心遣いを忘れない。ふきんをこまめに替える娘さんもいい感じだ。

ブタ入りニンニク、チーズ、温泉玉子





ブタ入りニンニク、チーズ、温泉玉子(750+100+100円)

麺チーズ+ブタ






細めの麺は、固めだけどフカフカしてる感じ。これまで食べた中では、神保町と仙川のアイノコにマルジテイストを足したような気がした。スープはライトだね。途中で唐辛子やらカレーパウダーやらを入れてみたけど、なんかボディーが弱いような気がする。でも前の府中よりはブタがしっかり出てると思ったな。ブタはちょいパサ目だったけど、スープに浸しておいて柔らかくしてからチーズで巻いてみるとかなり良好。ここのチーズはあんまり溶けないんだけど、これはこれでスープにも溶け込まず独特の存在感を発揮している。温泉玉子は吉野家のアレだ。黄身がねっとりしてて、口の中でマイルドさを演出する。

まあ、全般的には前の府中をそのまま維持したって感じたけど、いろいろ変えよう!って気合いが実感できる。なんと言っても店主がいる、ってのは違うよね~。「応援したい!」って思える二郎だ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/500

トラックバック

» ラーメン二郎@府中 from 徒然日記
ラーメン二郎 府中店 (ラーメン / 府中)★★★★☆ 4.0 野暮用があって府中に行ってきました。 もちろん昼食は二郎へGO! 11:30開店一番乗り。... 続きを読む

コメントする