2006年7月 1日

初恋

初恋









今日は1日!地元のシアターで映画が1000円の日だ!つうことで3本ほど見てきました。そのうち1本が「初恋」。前に1回見たけど、もう一回!っつうことで。

(以下ネタバレ)

この映画、「誰一人傷つけず、誰も損をせず(保険会社は損したけど)、そして奪われたお金はただの1円も使われていない」謎の三億円事件をモチーフにしてるわけなんだけど、「もしかしたら真実はこうだったのかも」って思わせるような、不思議な映画だったなあ。全編を通してただ淡々と綴られる60年代のテイスト、若者たちの行き場のないエネルギー(役者の演技ベタはあえてやってるのかな?)、そんなものがそう感じさせたのだろうか。クライマックスの強奪シーン、そのあとの長い長い退屈で悲しいエピローグ。「初恋」の名にふさわしい、青臭くっていい映画です。

ぶっちゃけ、宮崎あおいファンなんで
★★★★☆

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/510

コメントする