2006年7月 4日

バーゼル

フランクフルト中央駅





長らく放置しておりましたが、この間の出張の続きを。フランクフルトからインターシティーでスイスのバーゼルに向かったワケです。しかしこの駅、いい雰囲気でしたねぇ。「上野発の夜行列車降りた時から~」ってか!

250km/h食堂車





インターシティーはドイツの新幹線みたいなモンだけど、高架の上ではなくて思いっきり森の中を爆走してるワケで、線路に立ち入った動物やら踏切で立ち往生した車やらを発見すると思いっきり急ブレーキカマシますです。250km/hで爆走してるこの証拠写真を撮ったあと、45秒ほどで0km/hに…慣性の法則ってモンをマジマジと実感させられるハメに。あぁカメラが…その悲しみをいやそうと食堂車でビールとパニーニを頂くも、納得いかぬ!

路面電車路面電車2





車内にてパスポートチェックのあと、バーゼルに到着。バスより車よりトラムが多く走ってて、電車好きにはたまりません。ホテルでもらったパスで乗り放題ってところもうれしい。しかし、このトラムとトロリーバスの交差する所、電線の処理はどうやってるんだろ?ポイントの切り替えも謎が多い…。

市庁舎市庁舎の壁画





この建物、バーゼル市役所なんですね~。Messeplatz降りてすぐ。バーゼル市、ライン川の屈曲点に位置することもあって昔から隆盛を誇ってる街とのこと。スイスっつうとジュネーブやらチューリッヒやらベルンやらが人気だけど、バーゼルもええっすよ。なんつっても日本人観光客がいないのに、見所満載(自分比)!

Eメールボード





公衆電話にはこういうキーボードがついております。0.5CHFで500文字ほどメールができる…って、使い道あるんだろうか?

三国国境








トラムに乗って三国国境へ。「千葉」じゃなくて「Ciba」駅の近く(つうっても徒歩15分くらい)にあります。そう、バーゼルってスイスとフランスとドイツの国境付近の街なワケで。このモニュメントはデートスポットらしく、多数の男女(男男も含む)がAやらBやらCやらしておりました。

ティングレーミュージアムキュンストストミュージアム





バーゼルは昔から栄えてた都市らしく、いっぱい美術館が。マンガ美術館も行きたかったけど、行ったのはティングレーミュージアムとキュンストミュージアム。前者はタミフルでぼろ儲けしてるRocheの美術館。カラクリが楽しかったな。後者はまあピカソやらゴッホやらルノワールやら…がいっぱいいっぱい置いてある、節操のないヨーロッパ最古の美術館。もっと時間が欲しかった!

namamen





おっと、食べたものを書かねば。まずはラーメンバー「namamen」。なんでも中田浩二行きつけとか。ラーメンと餃子(20CHF!)を食べたけどカメラのバッテリー切れ…。アヤシイ名前の通り、パクチーやらタミフルにちなんでなのか八角やら、どう考えても看板の「ジャパニーズ」って違うだろ!ってな味付け。

トマトスープ





ライン川のほとりの5つ星ホテル(バーゼルの中で)で招待されたビジネスランチ。行き交う船を眺めながらぼーっとしてたら会話にならずアレだった。

ミートフォンデュ





フォンデュ・シノワーズ。要するにしゃぶしゃぶだけど、シノワーズって一体…。取引先のフランス人に「これは色が変わるくらいで引き上げたほうがウマイ」って言われて、桜色のそいつをいろんなソースにつけて頂いた。

チキンカレー





泊まったスイスホテルの近くのバー(春巻きがうまい)で酔っぱらった末に頼んだチキンカレー(16CHF!)。どう考えてもチキン多すぎだろ…。しかし、スイスは食い物がメチャ高くてマ○イような…。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/512

コメントする