2006年7月10日

極太濁流ラーメン ら・けいこ 女子大店

女子大0607

愛知県名古屋市中区栄4-12-6 ロイヤル栄ビル1F
TEL:052-242-0554
11:00~15:00 17:30~22:00(売り切れ次第終了)
日休(土は10:00~15:00)


出張も無事終わり、名城線でちょっと遠回りして栄まで。しかし名古屋の暑さって、年々ひどくなるような気が…。このむーんとした悪意の波動みたいな感じ、一体何なんだろう。って汗ダラダラ流しながらビールを飲みに女子大小路まで。お客さんの波の狭間なのか、店長のだ○○ん氏が外で涼みながらテレビを見、中でジャニーズ系の女性店員、通称イマースカさんが洗い物をしていた。いい風景だ。

生たまご張り紙





店の前には600円以上の商品を注文すれば無料扱いの生たまごがあるが、このアツさ対策として氷とともに発泡スチロールの箱に入っていた。たまご一つと椀を取り、のれんをくぐる。のれんには女性への警句が…。ワタシの知り合いにすり鉢で麺増しを食べる女性がいるし、男性でも麺少なめしか食べられない人もいるので、まあ「頼んだ分は責任持って食べなさいな!」っていう一般的な警句と取っておこう。

張り紙





店内には張り紙。7月17日はお休みなので要注意。注意を促すものが多いんだけど、色々笑える。一率の文字を訂正している所なんぞ、決して紙をムダにしないだ○○ん氏のLOHASライフを伺えるようだ。そういえば今日もだ○○ん氏はかなりヤレていい感じのクラプトンTシャツを着ていたなぁ。「レッツ朝ラー!!」のあたりなんぞ、三田をインスパイアしてると見たが、果たして?

生ビール





生ビール(350円)

グビッとヤって、くふぅ~と息を吐く。その次に出てくる言葉は当然「ウメッ!」だ。

豚大入りスープ抜きニンニク





豚大入りスープ抜きニンニク(750円)

イマースカさん、今日は「ニンニクイレマスカー」っと聞いてきた。どうやら進化しているらしい。今日のたまご、白身の所を椀にあけて黄身だけを丼に入れてみた。おっと、スープ抜きは50円プラスですぞ。

黄身投入





麺ブタ





昨日食べた東片端はたまり醤油の香りでワシワシ喰わせる感じだったけど、こちらは唐辛子+コショウでかなりスパイシーな感じ。辛いの苦手な人はダメかもしれないけど、ビールと共に頂くとこれ最強!麺は5月に食べた時よりちょっと柔らかめながらも、十分にワイルドなゴリゴリ感。ら・けいこはやっぱコレだよなぁ…。この麺とタレでデブセブハイパーの揚げチャーシュー+野菜を食べてみたい。チャーシュー、東片端は柔らかめの煮豚って感じだけど、女子大は固ゆでで表面にちょろっと味がついている感じ。スープ(もしくはタレ)につけて食べるべし。
ら・けいこの油そば(女子大はスープ抜き、東片端はデブセブラーメン)、たとえるなら女子大はウィットに富んだ油そば、東片端はジョーク満載の油そばって感じかな。個人的には女子大の小粒でピリリと辛いほうが好きだけど、両方ウマイと思うな。

コンセント





帰りの新幹線はエクスプレス予約でコンセント席をゲット。7月からネットで席を指定できるようになったので、こういう芸当ができるように。いい時代になったもんだ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/517

コメント[3]

暑い時期のマイ・ブームは昨年までは、名古屋では、坂内の和風冷やしでしたが、
今年からは、セブとスープ抜きが加わりました。
片らけと女子らけ、味のギャップは片らけ店長がなれてくるのに比例して、縮少してきましたが、値段の差が気になります。
(二郎の三田本店と馬場くらい)
個人的には、片らけのマダムのフアンなので、許してしまってます。
まこぴさんの花のお江戸の御健闘、お祈り申し上げます。

オイラも来週は名古屋出張ですが日帰り&上司と一緒なので行けそうにありませぬ…
前回は時間が合わず女子大店しか行けなかったし、東片端のデブセブ食いたいっす!

>中年ジロリアンさま

いつも どーも!

片らけと女子らけ、麺のギャップが…。
接客はイイけど、ズルズル食べる片らけより、
個人的にはワシワシ喰う女子らけのほうが好きかなぁ…って感じです。
片らけのマダムはラーメン店にいないタイプですよね。
昼下がりに本読みながら紅茶を飲んでそうな感じです。
江戸は疲れました。尾張に帰りたいです…。

>OJC(ホ)さま

日帰りでも十分食えますよ!
(上司の理解があれば…)
片らけのデブセブ、ジロリアンにこそ食べてもらいたいブツです。
東京らけってできないのかな…
ヒゲゴジラ店主、コレ見てたら作って!

コメントする