2006年7月12日

ラーメン二郎 品川店

品川0607

東京都品川区北品川 1-18-5
TEL:不明
11:00~14:30 17:00~21:00
日祝休(土14:00まで)


今日はちょいと用事で品川まで。いつも気になってる品達の「なんつっ亭」を見ると既に10人待ち…仕方ないのでトボトボと運河のほとりまで歩くと、こちらも15人待ち…。品川周辺、どうやら昼食難民が多いようだ。そういえばこの看板、「ラーメン一郎」になってるね。

看板





看板の裏を見ると「ラーメノ 二郎」になってる。ここの店主、店の名前なんてどうでもいいらしい。西郷隆盛・従道兄弟のエピソードを思い出した。って入店する直前に後ろを振り返ると40人くらいの行列。これは凄い。
二郎界でも生郎と一二を争う”凄い”席に座り、隣の妙齢女性が助手の”手かざし時”に発した「麺少なめで!」ってな発音に苦笑しつつ、しばし待つ。ここは「大きさだけ~」コールがないんだね。

普通盛焼豚小ブタ・野菜ダブルニンニクアブラ





普通盛焼豚小ブタ・野菜ダブルニンニクアブラ+煮玉子(700+100円)

スープのアップ





麺ブタ





今日はここ独特のメニュー体系であるところの、「普通盛焼豚小ブタ」を注文。普通に「小ブタ」でいいんだけどな…。さて、相変わらずのド乳化スープ。今日はカラメ!以前の麺は断面が正方形だったような気がしたけど、今日のは長方形でよじってある感じの麺。これは二郎っぽい!茹で具合も歯ごたえを残し、ちょいゴリゴリする感じ。スープと麺だけ食べてると野猿を思い出すな。でも野菜はモヤシ80%でブタの固さは相変わらずのように感じた。ここのあたりを少しちょいとアレすると東の乳化系として確固たる地位を築けると思う。でも今のままでも十二分にウマイのは確かだよ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/519

コメントする