2006年7月12日

久々のデート

百飲





用事を済ませた後は、久々のデートだ。時間まで秋葉原の「百飲」で待つ。ここは酒でもツマミでも何頼んでも1つ100円(生ジョッキ、蒸留酒ダブルは200円)。写真はそら豆、肉じゃが、生ジョッキ。これで400円。グラスっぽく見えるジョッキだけど、十分に中ジョッキの大きさがある。まあ某酒造メーカーのアンテナショップってこともあるけど、赤羽の「いこい」よりも凄いぞ!

時間になったので神楽坂まで。ヒミツのそば屋で密談。焼き味噌、えび入り玉子焼き、あなご天などでお酒を頂き、〆のそば…。

比較アップ





凄いそばだ。割り箸くらいあるこの太さ、そば界の蓮爾か辰屋か…。食感もそれらに似てるが、そばの香りがなんとも!カツオがくどいくらい香るカエシも最高だった。これだけで飲めそう。そば湯も…。

ラフロイグカスクストレングス





そばのあと何軒かはしごをし、最後!ってことで、さいたま市民には全くどこかわからぬバーに移動。ラフロイグの30年、3500円は妥当な値段だと思うんだけど、いかがなモノか?

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/520

コメント[2]

すごく美味しそうな蕎麦ですね。
でも「秘密」なのですね…

>ななしさま

お店の名刺も頂いてきたのですが、
ちょっと酔いが激しくて味がぼんやりと…。
マトモな時に再訪して、その時にまたレポします。

場所は神楽坂のはずれですよ。

コメントする