2006年7月13日

山利喜 新館

ぶた

東京都江東区森下1-14-6
TEL:03-5625-6685
17:00~23:00
日祝休




帰りにおもちゃの電車みたいな大江戸線に乗って森下まで。久々の山利喜だ。本館のほうはオヤジ軍団、若者が店外に群がっていたので、新館のほうへ。この看板(?)、味があって面白い。メスなのかなぁ。

1Fのカウンターに座ってみた。常連のオヤジ達が思い思いのスタイルで飲んでいる。ワタシはキョロキョロと相変わらず挙動不審であったが。

煮込み玉子玉子のアップ





生ビールと突き出しのしばづけをやりながらしばし待つと、グツグツ煮え立つ煮込みが!器がアツアツに熱してあるんだよね。このアツアツの煮込みをほおばって、アブラをビールで洗い流す!温&冷の見事なハーモニーがここに。
そういえば、食べていてふと思った。「ここの煮込みってマルジの別皿アブラにちょっと似てないかな?」似てないか…。あんなにアブラアブラしてないし。でも、別皿アブラにゆで玉子を入れて、ガーリックトーストをつけて、ワインと一緒に食べてみたい。そんな気がしただけ。

前菜6点盛り





ここ、あんな看板(!)を出しているにもかかわらず、パルミジャーノがあったりプロシュートがあったりして面白い店なんだけど、こんなものもある。前菜6点盛り。この写真だけ見たら、「どこのカジュアルフレンチ(?)だよ」って思っちゃう。煮込みの流れでグラスワインを飲んでたからそう思ったのかも。

うちわ





あまり長居する店でもなく、ちゃっちゃと店を出たらちんどん屋がいたので「いい雰囲気だな~」と思ってたら、ちんどん屋のお姉さんからうちわをもらった。ムシムシした下町、だけどちょっと涼しい。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/522

コメントする