2006年7月22日

マンモスラーメン ポクポクポクチン

ポクチン0607

神奈川県横浜市港北区日吉本町1-2-6
TEL:非公開
12:00~23:00
日休


行きたい行きたいと思っていた「ポクチン」にようやく行くことができた。学生の街、日吉の駅西口から徒歩2分くらいだろうか。いろんなサイトで「11:00~」と書いてあったので11時半くらいに行ったら「準備中」とのこと。今は12時からの営業みたいで、しかも日曜休みらしいのでご注意を。近くのマンガ喫茶で時間をつぶしてから行くと外に2人待ち。

番号入力式の券売機で都合4枚の食券を購入、店内へ。非常に風情のある店内、あと2年くらいしたら品川二郎、5年くらいしたら生郎のような風格を身につけることだろう。店員は店主らしき男性1人。「つけめんは茹で上がりの関係でお出しする順番が遅くなりますが、よろしいでしょうか?」と。非常に接客態度が良いのでちょっと感心。「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」がきちんと言えるってのは重要なことだと思う。

カンビール





カンビール(350円)

ビールはスーパードライ。コップも一緒に持ってきてくれた。まあ、ふつーのスーパードライですね。

麺





つけポクチンを注文したら、まず麺が。「麺に変わった仕掛けがしてありますので、まず塩をつけてお召し上がりください」とのこと。ふむ、麺にアブラがまぶしてあるんだね。麺自体は池袋か歌舞伎町みたいな、四角の断面のヂュルヂュルした歯ごたえの太麺。塩をまぶして食べると麺の味がダイレクトに感じられる。なかなかイイ感じだ。量は普通盛りで350g。

つけポクチン





つけポクチン(780円)

「つけ汁アンモナイトで~す」と言われて出されたつけ汁。ここ、メニューのネーミングのセンスもスゴイが、真顔で「アンモナイトで~す」と言う店主のその姿にアッパレだ。

麺のアップブタのアップ





「アンモナイト」ってどういう意味かと思ってたら、つけダレが貝の味なんだね。しかもコレがクドイ!ってくらい濃厚。ほかに食べたことがない感じだ。だけど、食べ進めてゆくと地のスープの味がしてくる。正直、あんまりラーメンを食べ込んでいないので、他にたとえようもないけど、強いて言うなら「二郎ではない」。ブタでもなくてホネでもなくてヤサイでもないような…。とにかく独特。ブタは醤油がよく染みていて、脂身はほぼない。マルジと目黒の中間のような…。ようなようなが続くけど、他にたとえようがない独特感が漂う。

ウエボマンモー





ウエボ(左:80円)
マンモー(右:80円)

「ウエボ、味付け玉子です。箸で殻がめくれますので~」「マンモーです」と言って立て続けにトッピングが。ウエボはカレー味の固ゆで玉子、マンモーは骨付き鶏肉の炙り焼きだ。どちらも非常にワイルドな味わいだったけど、特にマンモーの香ばしさが良かったな。

非常に特殊な店で、ほかにないラーメンを食べに行きたい!って思った時におすすめできるけど、正直二郎を求めて行くと違うかも?でも、他のメニューにも挑戦してみたいと思ったな。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/531

コメント[2]

ここは、1回いってはずれだったので、
もう1年ほど行ってませんが、
どうでしょうか?

>匿名希望さま

どうもです。
今回が初めてで、しかもラーメンでなくてつけなんで、
何とも言いようがありませんが、
ワタシは「面白い」店だと思いましたよ!

コメントする