2006年8月 6日

らーめん 円熟屋

円熟屋

山梨県中央市若宮46-1
TEL:055-273-1977
11:30~15:30 17:00~21:30
8月は無休

一矢の後は、当然円熟屋へwここは一矢を立ち上げた人が新たに立ち上げた店らしい。ってことは、三田本店→吉祥寺店→堀切店→ぽっぽっ屋→一矢→円熟屋となり、まあ直系やら弟子やら難しいことは抜きにすると、三田の「やしゃごの子弟子(?)」になるワケだ…ここまで来るともはやよくわからん。
さてこの円熟屋、山梨の中央市にある。山梨って諏訪から通ってきた「北杜市」やら、「南アルプス市」やら、平成の大合併をまざまざと実感させられる市が多いわけだけど、この店の存在する「中央市」もよくわからんな…。とか言ってると地元の人に怒られそうだけど、何の変哲もない地方都市の住宅街に突如現れるこのドハデな店。今は亡き千葉の「かなり屋」を思い出したな。

券売機限定の張り紙





店に入ると「ドーン!」と券売機が。メニューが多くて、酒やおつまみなどもたくさんあって、何をチョイスしたらいいか困ってしまう。とりあえず8月限定の「二郎風つけめん」を目的に来たので、店員に「この「二郎風つけめん」を頼むにはどの食券を買えばいいんですか?」と聞いたら「限定らーめんか、のり・チャーシューなどトッピング増量だったら特・限定らーめん」を買ってくださいとのこと。

店員はさっきの一矢とは異なり多い。接客担当のおばさん、調理担当の男性、調理補助担当の男性、そして奥で黒幕的働きをしている男性の4人構成だ。この黒幕的男性、どっかで見たような気が…。接客担当のおばさんはかなりハキハキした対応で非常に気持ちがいい。「お好みはありますか?」と聞かれたので、「ニンニクとタマネギを多めでお願いします」と答えておいた。

特・限定ラーメンニンニクタマネギ





特・限定ラーメン麺増しニンニクタマネギ(790円)

具麺味玉"





おばちゃんに「麺増しにしておきますか?」と聞かれたのでイエース。こんな恐怖感を感じない麺増しコールは初めてかも…。
さて、ここの限定、先月は二郎風ラーメンだったらしいが、今日はつけ麺。甲府(ここは中央市だけど)は、日本で有数の酷暑地帯だけに、ラーメン食わなくて済むのはありがたい…。だって、この日は37度オーバーですよ全く。さて、このつけ麺、二郎をイメージして食べると「全然違う!」だ。カネシじゃなくて醤油の香りがガツーン!!!と広がるつけダレに、二郎で行くと極細麺(生郎をツルツルにした感じを考えてもらうと合ってるかも)をつけて食べる。ウマイんだけど、張り紙ほどの二郎感は…?あ、チャーシュー、味玉、キクラゲの具はかなり丁寧な仕事で旨かったな。

ってことで、関東以外の二郎系コンプリート。もしかしたら知られてないだけで、日本の奥地には想像を絶する二郎系が存在するかも知れないけど…。広島の奥地でおばあちゃんがやってると言う素朴な味のラーメンとか。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/549

コメント[4]

二郎感はあまり無かったのですか…残念

あっ、この前言うの忘れてましたけど、
このお店、餃子がかなりイケルそうですょ

アレの帰りにでも寄りますか?
って、ぼんち寄りそうな希ガス…

>セクシーさま

麺が、麺がぁ…ってな感じです。
そういえば最近餃子食べてないなぁ。
アレの帰り、ぼんちで餃子でも…w

ひ、広島に二郎系があるとですか?

教えていただけると帰省中助かるんですが…w

>OJC(モ)さま

田園調布のあの店主が言っていることなんで、
ワタシにも正直真偽のほどがわかりません。
レポよろしくお願い致します!
って場所がよくわからんか…。

コメントする