2006年10月22日

京都

バス





まあ、「夢を語れ」だけを目的にして行っても良かったんだけど、せっかくだからちょっと観光を…って、出るのが遅かったから京都に着いたのが12時30過ぎ。効率よく回るべく、バスの一日乗車券(500円)を買ってみよう。
昔若かりし頃、受験で今出川に行った時にバスを使ったら、そりゃまぁ運転手がもの凄い人で、右に左に揺れるわきしむわ道を歩くばぁさんにネイティブ京都弁で罵声を浴びせるわ、もの凄い経験をしたものだ。いろんな人に聞いても異口同音に「京都のバスはスゴイ」と。果てさて?

東寺





前衛的な運転を期待していたのだが、普通にジェントルな運転で安心。「いかにも」な東寺などを眺めながら、伏見へ向かう…。

東寺





「京橋」バス亭で降りる時、一日乗車券適用範囲外をちょっと通るので、おそるおそる運転手さんに「この券で大丈夫ですか?」と聞いたら、罵声を浴びせられるわけでもなく「ええどうぞ~」とのこと。それから徒歩で寺田屋だ。寺田屋事件や坂本竜馬の遭難で有名な場所。

寺田屋の中





討ち入りたかったが逆に捕縛されそうなので、窓口のお姉さんに400円支払って侵入。いかにもな内装だ。今も旅館として営業しているらしい。中は広いんだか狭いんだか微妙な感じ。至近距離の竜馬を捕縛できなかったのは幕吏がヘタレだったからなんだろうなぁ。

階段





この階段をお竜さんがスッポンポンの生まれたままの姿で駆け上ってきたワケだ。「竜馬はん、手先どすえ~」と言いながらか?(やや勘違いあり)

お風呂





お竜さんが浸かっていたであろうお風呂もある。ただの漬け物樽じゃないのか?と思うくらい小さめ。当時の人って結構小さかったんだろうなぁ。

黄桜





とまあテキトーに観光したあと、黄桜と月桂冠を見学。ふむふむ。

伏見の川





寺田屋周辺を流れる川。この川を船が行き来していたんだろうね。
ってなことで中書島駅から京阪で七条へ。京都は三条やら五条やら七条やらテキトーな地名が多くてよくわからん。かと思えば「中立売通智恵光院東入新白水丸町」とか難しすぎる地名も多くて…

霊山





東山霊山へ。結構ヒイヒイ言いながら上ってしまったよ。来月あたりは結構歴史マニアの腐女子でにぎわう所でもある。

霊山から市内を臨む





疲れたのでぼーっと市内を眺めて休憩。いい眺めだ…。
で、山を下りて修学旅行の女子高生とか旅の女性二人組みたいな感じの人がうじゃうじゃいる通りを避けて河原町五条まで行って、バスで洛北高校前まで行って銭湯でひとっ風呂浴びてから「夢を語れ」に行ったワケである。
以下マメ知識:「夢を語れ」の最寄り駅は一乗寺なんだけど、叡山電鉄は京都駅からのアクセスが非常に悪いので普通は駅前からバスの206系統で「高野」で降りる。しかし、206系統は観光路線で異様に混むし、道路状況によっては渋滞で全く進まないことがあるので、京都駅から205系統で「洛北高校前」バス停で204系統か206系統に乗り換えると、スムーズに行ける。

って、よく考えたら京都に行ったのに時代祭も菊花賞も見なかったんだorz

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/571

コメントする