2006年10月28日

ちばから

小湊鐵道












ブログ開設二周年を機に、ちょっと構成を変えてみることにしよう。今日は天気も良かったのでちょっと遠征してちばからに行ってみた。フツーは車かバスで行くと思うんだけど、今日は五井から小湊鐵道(「鉄道」じゃないらしい)を利用。女性の車掌さんが2名乗車しており、観光客メインの乗客層もあって非常にほのぼのとしたムード。気分出ますなぁ。

改札踏切












五井から電車に揺られること4分、「上総村上」駅で降りる。ここだけ時間が止まったような、非常に味わいのある風景だ。鉄分高めな人にはタマランだろう。

ちばから0610












そこから20分弱テクテクと歩き、ちばから前へ。もう2年になるのかな、卍→ちばから→かなり屋→長二郎と連食したのは。あのときは若かった…。とまあ感慨にふけりつつ、店内に侵入。ちょうど満席だったが、すぐ座れた。

券売機












券売機はあの「麺でる」に酷似した雰囲気。いろいろ張り紙があるので迷ってしまうが、せっかくここまで来たのだからガッツリ食べてやろうと食券を二枚求めた。地元密着型の客層だが、ワタシのほかにも遠征客がチラホラ(笑)。麺の茹で具合をこまめにチェックしたり、ブタを炊飯ジャーで保温するなど、仕事が細かい。

つけ麺醤油


















つけ麺醤油、ネギニンニク(750円)

つけダレ麺












ラー油が浮かんだつけダレは辛甘ショッパスッパが渾然一体となった、非常に完成度の高いモノ。ちょい辛のつけ麺って個人的に大好きなんだよね~。しかし麺にはマイッタ。細めながらもコリコリした歯ごたえを残しつつむっちりと余韻が残る噛み心地。
それと、ラグビーボールをまっぷたつに切ったようなこの麺の器、麺を出すたびにくるくる~くるくる~くるくる~と回って、メリーゴーランドのように見た目でも楽しませてくれる…。

食べ終わった後、隠し持っていた「ごまだれつけ麺」の食券を提出。行列してたら並び直せば済むんだけど、同じ席で連食の場合はなかなか間合いが難しい。案の定「大丈夫ですか?少なめにしておきましょうか?」と奥さん(?)に聞かれてしまった…。

ごまダレ油そば


















ごまダレ油そば、ネギニンニク(750円)

ブタのアップかき混ぜ後












油そばはつけ麺の食券を出し、「油そばでお願いします」と申告。で、「よくかきまぜてください」と言われたのでかき混ぜてみた。油そばでもこの麺はいいね。よく味が回って最高。ごまダレって言う割りにはごまの風味はそれほどでもなく、何というか角が取れた丸い感じの味だった。アクセントとして細かな紅ショウガが入っているのが心地よい。先ほどのつけ麺でも感じたけど、ここのブタはいいな。ホロホロと崩れるワケでもないのに柔らかな食感。いいなぁ…。

ッてな感じで大満足。こっちにも事業所あるから転勤したいな、とふと思ったりして。

営業情報:
住所:千葉県市原市西国分寺台1-3-1
TEL:0436-23-8807
営業時間:11:00~14:30 18:00~21:30
月・火休

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/572

コメントする