2006年11月 3日

らぁめん 元気の源

元気の源












蒲田の東口に出来た「らぁめん 元気の源」へ。蒲田って駅前はかなり猥雑としてるんだけど、ここまで歩いてくるとビルや銀行なんぞが建っていてフツーのビジネス街+住宅街みたいな感じだ。

テーブル調味料












食券を買い求め、カウンター席へ。店員はツナギを着た2人。ワタシが最初の客だったので、麺を入れ、作業開始…とそこへ1人のお客さんが「麺固め」で申告。「ああ、あのお客さんは後のロットになるのね」って勝手に思ってたらそのお客さんにいきなり提供、お客さんもスピード提供にビックリ。デビット・カッパーフィールドも真っ青のこのmagic!…冷静に考えて、見込みで麺を茹でていたと思いたい。

大盛特チャーシューメンめん全部多め


















大盛特チャーシューめん、全部多め(1000円)

そのお客さんに供されてからしばらく経って「ニンニクやトウガラシが増せますがどうします?」と聞いてきた。麺を増してほしいが、そこはぐっとこらえて「やさい増しで、あと全部多めで」と言ってみた。

ブタバラスライス












限定30食とのふれこみの「特チャーシューめん」、ブタがダブルになるかと思いきや豚バラスライスを茹でて醤油につけたモノが乗っかっている。ブタは小さめの巻きバラで、脂身が多少多め。豚バラスライスのほうはちょっと塩辛い感じだが、ヤサイと一緒に食べると常夜鍋みたいでなかなか良好だった。

麺












麺は池袋のような正方形の断面で、食感も池袋そのもののチャンポン麺。量は大盛りにしても250gくらいかな?一般的な最近できた二郎の「小」と比較すると少なめだった。ブタと麺とヤサイの量が1:1:1くらい。三角食いでバランスが良い…のか?スープは一見白濁系だけど、表面のアブラの層の下は醤油が勝ったスープ。ちょっとカラメだけど、「全部多め」って言ったから、醤油も増されたのか?

ってな感じであっさりと完食。「存在とは何か?」の根源を問うようなコーンのトッピングを除いて、量といい、トウガラシのトッピングといい、一見白濁の醤油が勝ったスープといい、そしてmagicといい、どこかの二郎に似て無くもない…。

営業情報:
東京都大田区蒲田5-43-7
TEL:03-3734-4407
11:00~23:00
日休

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/576

コメントする