2006年11月 8日

大黒屋本舗

しんのすけ












春日部にあの「大黒屋本舗」ができたと聞き、出張帰りに行ってみた。春日部駅を使うのは実は初めてなんだけど、地元出身で自分の両親を呼び捨てる「ヤツ」が出迎えてくれた。

大黒屋本舗












ジャージ姿の女子高生があぐらをかいて車座で座っている西口ロータリーをまっすぐ行き、松屋のある角を右に曲がるとすぐある。夜の部が開店した直後らしく先客1名だったが、すぐにお客さんがぞろぞろとやってきて10席以上あるカウンター席は満員となった。

ヱビス生












ヱビス生(500円)

仕事帰りなので当然生を。ちなみに二郎喰い向けの表現で書くと、給水器は野猿2と同じもの、券売機は池袋(&歌舞伎町)と同じものだ。スウェット&金ネックレスのお客さんが給水器のボタンをいじりまくり、氷をジャラジャラ出して店員さんが飛んでくる姿はどこかで見たような…。店員さん達は皆おそろいのTシャツで、背中には猪木のあの言葉を角ふじ調にアレンジしたものがプリントされていた。

ふじ麺バカブタ中盛り


















ふじ麺バカブタ+中盛り(950+50円)

「ニンニク入れますか?」とは聞かれなかった。後から来た女性客には「ラーメンにはニンニク入りますがどうします?」と聞いていたので、どうも「ニンニク入れますか?」コールは女性客オンリーらしい。逆差別だぞう…。さて、「バカブタ」とはブタダブルのことらしく、ドッサリとブタが8枚ほど。そのまま食べるとちょっと固めだけど、スープに漬けるとパサ感が全くなくなって結構良かった。他の具は玉ねぎ、ヤサイ、醤油(カエシ?)漬けニンニク。

ブタ麺












さて一口。ぷーんと魚介系の香りがするのは昼の部の大勝軒(風)のスープの影響なのだろうか?しかし魚介系は香りだけで、あとはアブラ+しょっぱ+甘み。マルジにしょっぱさとみりんの甘さをさらにプラスしたような感じだ。特にアブラはミンチ状の背脂がプカプカ浮かびかなりのもの。初心者はアブラ少なめがいいかもしれない。割り箸ほどの太さの麺はワシワシと頬張る固さ&感じではなく、「ヂュルヂュル」と啜るうどん系の柔らかさの麺。

このあたりにはこういう感じの店は少ない(と思う)ので、結構いい感じだと思う。柏→船橋→春日部と、野田線沿線で角ふじグループが浸食しているので、今度は大宮にできないかなぁ…と妄想してみる。

営業情報:
埼玉県春日部市中央1-7-21野口ビル103
TEL:048-752-4287
営業時間:不明
定休日:不明
すんません、営業時間聞くの忘れてました。以前に比べかなり情報が充実してきた公式HPにも書いてなかったので…。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/580

コメントする