2006年12月 3日

汁なし行脚

最近「汁なし」を始めた二郎(系)のお店が増えてきた。スープより麺を重視するワタシ的には是非!早速、というわけではないけど行ってみた。

一之江














まずは一之江。土日は早くに空ける場合が多いらしいけど、今日も10:30頃開店。そのときの行列は15人くらい、路駐は2台だ(やめなさい)。

玉子とお椀玉子アップ














ここの汁なしは玉子がついてないので、現金で50円渡して生玉子をゲットする。かわいいお椀だなぁ。玉子には賞味期限の印字が。INAKA者のワタシは初めて見た...。

汁なしラーメン+ブタ+玉子、ニンニクアブラ


















汁なしラーメン+ブタ+玉子、ニンニクアブラ(650+100+50円)

汁なしは券売機の段階では"小"と"大"しかないので、ブタ増しにしたい場合は100円添えて申告しよう。さて、一之江の汁なしはどうだろう?

ブタ麺














ホントに文字通りの「汁なし」って感じだなぁ。カネシぶっかけっていうワケではないんだけど、スープが少ないラーメンと思われた。ブタは一之江独特の表面が赤っぽい、「中華料理のチャーシュー」チックな噛みごたえのあるもの。ただ、脂身オンリーのモノも混じっていたので全体としてはバランスが取れているというのだろうか?麺は東片端ら・けいこを二郎っぽくした感じ。って言って理解できるヒトは日本に20人もいないだろうが...。ムチムチしてるんだけど、ブツブツボソッって切れる感じでウマイんだよなぁ。

髭














お次は平和島までトンで髭。開店当日は券売機が稼働してなかったり、テント看板が前の店のモノだったりしてバタバタしていたみたいだけど、今日は髭の店主一人でマッタリやっていた。

生ビール














生ビール(400円)

ここの修行元(?)の「らーめん526」や、526の派生元(?)の武蔵小杉にあるビール。ここにも当然あるワケだ。ビールがある二郎系ってそんなに多くない、ってかビール飲んで二郎食べると噴出必至なヒトも多いと思うんだけど、この「小杉→526→髭」系列は頑なにビールの提供を行っている。

汁なし、ニンニクアブラ


















汁なし(油そば)、ニンニクアブラ(700円)

「ニンニク入れますか?」と髭のヒトから聞かれたので「ニンニク、それとアブラ増しでお願いします」と申告すると髭のヒト、「アブラマシっ、ねっ」と復唱。やっぱり油そばなんだからアブラブラで行かないと。

調味料














汁なしが提供されてすぐ、無言でカウンターの上にラー油と粗挽きコショウをドカドカッと置いて立ち去る髭のヒト。これを駆使して食べなさいってことで、早速頂いてみよう。

ブタ麺














さすがにこちらは「油そば」だけあって、かなりジャンキーなシロモノ。アブラトッピングしたのを勘案に入れても、麺がドロドロンだよ。よくかき混ぜないと味がしないのも油そばそのものだ。写真ではアブラで見えないけど、生玉子が入っていて、しかもソレがやや半熟チックになっててカルボナーラ風で旨かった。細めの麺がアブラと絡んで、そいつをスパイシーな粗挽きコショウや卓上唐辛子でガッツリイクのが楽しい。

大好きな関内の汁なしに始まり、一之江、髭と食べてみたんだけど、各々個性があって面白いなぁ。ただ、ワタシ的には創始者の関内が頭一つ出てるかなって感じだと思うけど、分類するとこうなるかも。
究極のジャンク二郎が食べたい!=関内
ラーメンに近いモノを求める向き=一之江
大人の汁なしを頂きたい=髭

Wii














帰りに有楽町ビックカメラに寄ったら売ってたのでゲット。直感で楽しめる!これは面白いなぁ。昨日ゴルフに行って筋肉痛だけど、明日はWiiで筋肉痛だ~。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/596

コメント[6]

ラー油の他に粗挽きブラックペッパーも提供されるようになったんですかぁ。これで酢があれば調味料は完璧ですね。

>むさしさま

髭の汁なしはハードな大人向け(だと思う)なので、
ブラックペッパー投入でかなりエッジが効いて旨くなりましたよ。
酢もいいですねぇ。

どうもです。
愛知県ネタで恐縮ですが、ら・けいこオーナーのヒゲゴジラ氏が新店舗をオープンしたのでご案内まで。
店名は「極太濁流ラーメン ロッキー」。場所は愛知県の蟹江町でアソビックス蟹江に隣接しているとか。
店名でぐぐると発見できると思います。私は未訪問ですが、帰省の際にぜひどうぞ(笑。

>しんたろうさま

こちらこそどうもです~。
ロッキーの情報ありがとうございます。
帰省する前にちょこっと行ってみたいと思いますよw
しかし蟹江とはなんとも微妙な所に出たモンですねぇ。

ロッキーはらけと違い汁抜きはないような気配で、残念です。
遂に、私はらけでは、スープ抜きかセブばかり注文するようになりました。
ついこの前までの名古屋のラーメン界では、考えられないような話です。
また、機会があったら、関内にいってみたいものです。

>中年ジロリアンさま
ロッキー、早速行ってきましたよ。
ヒゲ総帥が指導してるみたいで、
まだまだメニュー展開は…って感じですね。
ら・けいこに頼らない、本格的二郎(系)の上陸を希望したいところですね。

コメントする