2006年12月 7日

吉原で馬力を

中江














吉原ってぇとぁゃしぃイメージがとかく先行しがちだけど、昔ながらの遊びにつきものの昔ながらの佇まいを残す店も多数あるワケで。その中の一店、桜鍋を食べに「中江」に行ってみた。隣も有名な「土手の伊勢屋」だ。両者、何とも言えない風情を出していますなぁ。

下足番に靴を預け、二階でしっぽりと…

馬刺し














煮込み














ユッケと握り














ほんのりと暖かな明かりの下で咲く季節はずれの桜、ってところか。うまく発色しているかな?しみじみとウマイ。神亀の熱燗もしみじみとウマイ。

桜鍋桜鍋2














さて、メインの桜鍋だ。実は初めてなんだけど、とにかくさっぱり。食べても食べても、口がアブラっぽくならないんだよね。馬脂(?)が載っているんだけど、後味がスッキリとしている、不思議な感じだ。

ザク














ザクで箸休めをした後は…

玉子あとご飯














あとご飯だ!桜鍋を食べ終わったあとの割り下に玉子を解き入れてふんわり仕上げ、ご飯の上に盛りつけて食べるのだ。やや固めの絶妙な焚き加減のご飯と、ありとあらゆる旨味を凝縮した割り下玉子…もうやみつきの旨さ。脇を固める赤だしも漬け物も良かったな。

アイス














〆は抹茶アイス。全く甘くなく、飲んだあとにさっぱりと口の中を清浄化してくれる逸品。満足、満足…。

下足札














そろそろ出るか、と思って下足札を見たら、なんと「26」番だった。運命づけられているのか…

デンキブラン














そのあと神谷バーでデンキブランを。下町もいいものですなぁ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/597

コメント[2]

美味そうに撮れているね。
(実際に美味いんだが)

>GGさま
ホントいつもありがとうございます!
カメラは周囲がてぶれ補正付きな中、
頑なに「ナシ」のモノを使ってるんですが、
フィルム由来の発色が良くて気に入ってるんですよね。
またよろしくお願い致します。

コメントする