2006年12月 9日

らーめん てら

ポプラ並木
















ふと思い立って、札幌までポケモンジャンボで行ってみた。近頃の東京も寒いと思ってたけど、空港で行き先表示を見たら…札幌は-10℃!実際、顔面がこわばってこわばって、大変なことになってしまったよ…

てら
















快速エアポートに乗り、サッポロクラシックで雪見酒しながら、札幌から2駅の「琴似」で下車。店は線路沿いに札幌方面に戻るとすぐ見つかった。「てつや」で修行した店主らしいけど、二郎も好きで、最近出したメニューが二郎チックらしいのだ。

メニュー卓上調味料












「味噌」や「醤油」が基本メニュー。ウッディーなカウンター10席だけのうなぎの寝床的な店だけど、非常に清潔でかなりイイ感じ。若い店主が一人で頑張っている。「麺が太いのでゆで時間がかかりますが、大丈夫ですか?」と聞かれたが、もちろんイエース!麺を「小林製麺」と書かれた麺箱から2玉取り出し、テボざるで茹で始めた。大盛にしてないので、元々の量が2玉なのだろう。ボリュームありそう。スープを中華鍋で暖めているのが印象的だが、いかにも札幌らしい。麺が茹で終わる直前に野菜をこれもテボざるで茹で、盛りつけて終了。「ニンニク入れますか?」と聞かれなかったのは残念だ。

極太にんにく醤油チャーシュー
















極太にんにく醤油チャーシュー(960円)

横から












って、結構な盛りだぞ…でも、横から見たらさかずき状のどんぶりで、量はそれほどでもなさそう。「ニンニク入れますか?」と聞かれなかった割りにドバドバと刻みニンニクがかかっている。卓上に用意されたペースト状の卓上ニンニクを入れなきゃならないのかな?と思っていただけにうれしい誤算だ。

ブタ麺













スープ












うぬぬ…麺自体の密度がかなり高く、取り出すのに結構骨が折れるぞ…スープを吸って色がついたこの麺、ボキボキかと思いきやブリブリとした柔らかめの歯ごたえ。醤油の香りが芳しいスープ、こちらも醤油が勝った(というかややしょっぱめ)のブタ、なんだか二郎と言うより「ら・けいこ」を思い出した。

先客もかなりの割合でこの「極太にんにく醤油」を食べていたが、こってり、もやし、と札幌で流行りそうな雰囲気だなぁ。

営業情報:
北海道札幌市西区琴似1条1-7-26
TEL:011-612-8277
11:00~14:30 17:30~24:00
(日・祝11:00~21:00)
火休(祝日の場合は営業)

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/599