2006年12月 9日

島系本店

島系本店












札幌の次は福岡へワープして、謎の「島系」を謳うラーメン店、「島系本店」に行ってみた。福岡空港から結構近く、徒歩10分くらい。

券売機張り紙












写真付きメニューの押しボタンである外の券売機を見ると、「いかにも」な感じだ。張り紙もソソる。どんな極太麺が食べられるんだろう。

店内の張り紙もやし












夜の部開店直後ということもあるのか、ワタシが一番乗りのようだ。厨房を取り囲むようなカウンター10席ほどのこぢんまりとした店。「替え玉は致しておりません」ってのがいかにも九州っぽい。九州っぽいと言えば、カウンターの上にある取り放題のもやし。塩とごま油で味付けしてあった。
食券を提出すると「ニンニク入れますか?」と聞かれ、先ほどの「てら」では聞かれなかったのでちょっとホッとしてしまった。作業の様子を見てると、タッパーに用意されたマルジ似の背脂をあらかじめ丼に入れたり、 茹でた野菜をわざわざ水道水で冷やしたり(!)、テボで茹でた麺をわざわざ平ざるに移して湯切りしたり(!!)、ちょっと面白かった。

島系ラーメン(極太麺)ニンニク

















島系ラーメン(極太麺)、ニンニク(900円)

そもそも島系って何だ?とは後述するが、島系と言うより二郎系なビジュアルだ。

ブタ麺













スープ












極太と言うから期待したんだけど…やや太めの平打ち麺、と言った趣。チュルチュルすべすべした食感今と言い、今は亡き「まわたん」の麺にちょっと似てると感じた。ブタはパサ目…スープに浸しても噛みごたえバッチリ。背脂がバリバリ浮かんだスープはあま~い品川ッてな感じ?場所柄、豚骨バリバリなんだろうね。

さて、ちょっと気になったので、「島系」とバックプリントされた黒Tシャツの若店主に聞いてみた。「島系ってどういう意味なんですか?」すると、
「島とは桜島のことです」
「ボクの師匠が鹿児島出身なんですよ~」
「師匠のおばあちゃんが作ってくれた麺がこういう極太麺のラーメンだったらしいですよ~」
…って、このフレーズ、田園調布のアノ店で聞いたような気もするが、真相は一体…

営業情報:
福岡県糟屋郡志免町大字別府字カジ547-1 スーパートライアル福岡空港店(別棟)
TEL:092-935-5257
11:00~14:00 17:00~21:00
月休

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/600

コメントする