2007年1月 4日

極太濁流ラーメン ら・けいこ 東片端店

東片端0104












さいたまに帰る前に、東片端へ。しっかし新年早々混んでますなぁ~。年賀廻りのリーマン風、浪人生風、正体不明風(ワタシ)、…。皆開店を待ち望んでいたようだ。女子大店は既に2日に開店していたけど、メニューの多彩性&独特の麺の魅力は女子大店では代替きかないもんね。

ここに来るたびに、何食べようかと迷ってしまう。「味噌ラーメン」の食券もあったが、売り切れ表示…他の人はと、皆マニアックなメニューを頼んでる。フライドチキン、k麺の親子盛り、デブセブ、…。普通のラーメンを頼んでいる人ですら、「麺700で」!。麺700だと2杯出てくるのか~。わんこら・けいこか?

男の生ビール&角煮












男の生ビール&角煮(600+350円;撮影許可済み)

前々から頼んでみたかった、角煮と生ビール。ラーメンの前に出してもらった。男の生ビールって名前もスゴイが、いわゆる「大生ビール」だ。生大を出してるラーメン店って、ちょっとおかしいと思う(いい意味で)。しかもこんなボリュームがウリの店で…。角煮ってトロホロフワを想像してたんだけど、チャーシューの唐揚げですか!チャーシューを揚げちゃうってのもかなりスゴイけど、やはりビールとよく合う。女子大店のしょっぱめ&固めのヤツもビールによく合うけど、こちらの外はサックリ、中はジューシーってのもいいねぇ…。思わずラーメン出てくる前に大生完飲しそうになっちゃったよ。
(ちなみにビールの大きさは、後に出てくる角煮の大きさを基準にするとわかるかも…)

デブセブラーメン麺少なめニンニクトウガラシ


















デブセブラーメン麺少なめニンニクトウガラシ(750円)

角煮麺












ビール飲んだ後なので、ひよって麺少なめにしたけど…なんか多い。聞いてみたら「デブセブは通常で450g、少なめで350g」とのこと。麺少なめで350gって一体…。350gより少なくしたかったらグラム指定で。それはさておき、女子大のスープ抜きと比べて唐辛子もかえしも少なくて、スパイシーさって点では若干劣ると思うけど、麺は女子大のぐみぐみ、東片端のツルシコで甲乙つけがたい!うーん、こいつに生玉子を絡めて食べてみたいぞ~。しかし角煮単品とデブセブラーメンで、角煮が重なっちゃったなぁ。今度はフライドチキンと生ビールにしよう。

お隣












お隣はパスタ屋、しかも名古屋名物のあんかけスパ「ミラカン」を出す店らしい。名古屋にお越しの際は是非。

---営業情報
愛知県名古屋市東区東片端町35
TEL:不明
11:00~14:00 17:30~21:00
日休

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/609

コメントする