2007年1月20日

ラーメン二郎 武蔵小杉店

武蔵小杉0701












雪がちらつく中、いつものように「児童用通学路」を通って武蔵小杉店まで。児童用だから大人のワタシが通るのはちょっと気がひけるけど、「大人のふりかけ」を児童が食べても問題ないんだから、多分いいのだろうと思う。

券売機












着いたらちょうど開店した。店は相変わらずの殺伐度で、お客さんにも独特のピンと張りつめた緊張感がある。さらに、店員2人の間にもタイトロープを渡っているようなテンションがあるのは気のせいか…。券売機には全く値段表記がない(隠れてしまっている)けど、大Wが10,000円だったらどうしよう…。まさか10南アフリカランドとかじゃないよな?とか。思わないか。

豚入全増し


















豚入全増し(650円)

ブタ麺












カウンターの上に供された瞬間、下にドバドバと流れ落ちるスープ。もう、ナイアガラの滝も真っ青の大決壊状態。スープをちょびっと飲んでからなんとか軟着陸させた。見た目と雰囲気から感じさせるワイルドさとは全く別の、繊細としか言いようがないスープ。全増しにしたけどカラメでもアブラチックでもなく、ブタがほわわ~と広がるスープだった。丼から引きずり出すのが困難なほどビッシリ入った麺は、昨日のガッチリした桜台とは正反対のベクトルのようなサクサク感。桜台が天津甘栗だとしたら、武蔵小杉が焼き芋かな?アツアツのスープで暖められてトロトロになったブタは、味がしっかりついていて旨かった。

---営業情報
神奈川県川崎市中原区上丸子山王町1-1393
TEL:非公開
11:15~14:00 17:00~21:00
火休

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/614

コメントする