2007年3月24日

麺家 うえだ

うえだ0703












ちょっと(かなり?)変わった油そばが食べられるということなので、志木までバスで行ってみた。ワタシの住んでいる浦和から志木までバスで行けるなんて、浦和に住み始めてから結構経つのに全然知らなかったよ…。

ちょうど昼時の到着だったけど、8~9割の入りってことで、スルッと着席できた。

ビール
















まずはビール。油そばにはやっぱりビールだよね~。実は油そば最強のトッピングじゃ?なんて思ってたりする。突き出しはキムチ。よく漬かっているようで、酸味と辛味のバランスがイイ。クピクピ飲みながら調理の様子をマッタリ眺めるのがいい…。とかナントカやってたら、既に着席してから30分が経とうとしていた。「油そばは時間がかかりますがよろしいですか~?」と言われたけど、かなり調理に手が掛かっているようだ。

油そば?


















「お待たせしました~」と出てきたぞ。うほ、ウマソ~。食べようとしたら、「まだお出しするものがありますので、もう少々お待ち下さい~」とのこと。ん?

キーマカレー












「こちらキーマカレーになります~」フムフム、こいつを混ぜたら旨そうだな。ってまだまだ続くみたいだぞ。

つけダレ












「こちらつけ麺のつけダレになります~」って、え??ワタシが頼んだのは油そばだったんじゃ?

上田流油そば+味付け玉子


















上田流油そば+味付け玉子(800+100円)

で、結局こうなってしまった。フルコース状態だ。「食べ方の説明をしま~す」と店主が近づいてきた。ナニナニ?「①そのまま食べてみる②キーマカレーを入れて食べる。辛いから少しずつ。③つけダレにつけて食べてみる。④つけダレをぶっかけても可。⑤麺を食べ終わったら丼にかなりの固形物が残ってるので、ごはんを入れてまぜごはんにして食べる。⑥つけダレが残っていたらスープ割りもできるよん。」なるほど、では早速…。

麺












基本の味付けは熱せられた油とカエシがかかった、キムチが入ったタレ。こいつで麺があらかじめ混ぜ合わせてある。「鬼麺王」で使われるこの麺は、ものすご~く長時間ゆで時間がかかるけど、デロンデロンではなくてもっちりした歯ごたえ。キーマカレーを少しずつ入れてみると、こりゃイイ!キムチの辛味とカレーの辛味が相乗効果を。魚介系のつけダレに浸しても感じが変わって。

アジアンごはん












最後はご飯を入れて「アジアンごはん(by店主)」にして、つけダレのスープ割りを頂いてフィニッシュ。いやー面白美味しかったぁ~。

聞いてみたら、この女性店主はなんと油そばなるものを食べたことがないらしい。想像だけで作ったらしいけど…我々の想像のはるか斜め上をぶっ飛んで、宇宙の彼方まで行ってしまいそうなこのブツ。つけダレとは…。ほかのメニューも面白そうで、なんかはまりそうな感じ。

うえだ












---営業情報
新座市東北2-12-7
TEL:048-471-8808
11:30~16:00 土日11:30~16:00 18:00~21:00
月・祝休

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/638

コメント[2]

これは素晴らしいッ!
ここの限定は凝りに凝ったのが多いが… コリャまた、まさにフルコースだねぇ~

> 油そばなるものを食べたことがないらしい

二郎系も喰ったことがないそうだから相当な想像力ですなぁ。

みさえちゃん、恐るべし。

>otaqeさま

食べ方の説明が1分以上もかかるモノが、
まさかラーメン店で出てくるとは思っていませんでしたよ。
「終わってほっとしてる~」とは店主ことみさえちゃんの弁でした。

コメントする