2007年8月14日

極太濁流の汁なし

女子大店閉店のお知らせ
















大変残念なことに、ら・けいこ女子大店が9月末をもって閉店してしまうらしい。二郎を名古屋テイストに換骨奪胎した、一種異様なアレを食べられるのもあとわずか…。

女子大店0708












ということで、帰省ついでに早速行ってみた。しかし名古屋はホントクソ暑い。この暑い中でも、先客5人だった。

ビールと玉子












生ビール(350円)と玉子(650円以上は無料)

この季節どーよ?んふん?ってな感じに店外に無造作に置いてある生玉子とお椀をとり、店内へ。ボーイッシュな女性店員に注文を告げ、席に着く。このボーイッシュな女性店員とクラプトンTシャツの店長との、なんとも言えない息の合ったやりとりが見られるのもあとわずか…。それにしても生、うまいい。

肉入りスープ抜きニンニク少し


















肉入りスープ抜きニンニク少し(650円)

スープ抜きは、麺上げしてからカエシと唐辛子の入ったボウルでぐるぐるされてから供されるため、1ロットにつき1人限定。この貴重なモノを、より美味しくいただくために…。

肉入りスープ抜きニンニク少し+黄身


















黄身をイン!さあ、たべよう。

肉麺












このドライかつスパイシーな食味、たまらん!ニンニクのコリコリした感じもやみつきだ。女子らけのスープ抜きはやっぱりええのぅ。サックリとあっという間に完食。

東片端店0708












女子らけからテクテクと、日陰をぬって歩いて東方端まで。気分はスネークだ。女子らけから片らけまで、遠いと思ったけど案外近いねぇ。オーナーが同じだから、5kmルールとか関係ないのが心強い

男の生ビール
















男の生ビール(600円;撮影許可済み)

つうわけで、ここでもナマビィルだ。大生はしみるねぇ~。男は黙って!ここのメニュー名はおもしろい(っていうかよくわからない)ものが多い。その中でも「エスのごはん」っていうのが異様に気になる。エス?S専用なのか?Mはダメなのか?

デブセブラーメンニンニク少し


















デブセブラーメンニンニク少し(700円;撮影許可済み)

以前はかなり育ちのよさそうな女性店員が恥ずかしそうに「セブひとつ…」と言うのがなんとも言えなかったけど、今日の助手は肉体派。だけど「セブ…」と恥ずかしそうに言っていた。そんなにデブって言うのがアレなのか?

肉麺












前食べたときはなんだか「讃岐うどんみたいだなぁ~」と思ったツルムチ麺だったけど、今日のはかなり固めでのどに詰まる感じ。こりゃたまらん。素揚げされたブタも、いかにもヤバそうだけど食べてみるとまさにヤバイ、「デブセブ」だ。それにしてもセブって?

ロッキー0708












さて、日を改めて、ロッキーだ。まあ電車でもいけなくはないけど、ひまわり見物のドライブがてら行ってみた。相変わらずの「餌」看板が挑発的だ!

汁なしニンニク少し


















汁なしニンニク少し+肉大入り(700+200円;撮影許可済み)

肉麺












ここはその名もズバリ「汁なし」。「スープ抜き」「デブセブ」と名称はいろいろあるけど、要は「汁なし」。このシンプルな名前にたがわず、個人的にここのが一番うまいと思った。麺の固さと柔らかさが非常に素晴らしいバランス。まさにツンデレ。ら・けいこグループの汁なしはいずれも辛くてうまいんだけど、ここの辛さはマッチしたなぁ。旨かった。

富良野らーめん0708












最後は帰る直前に千種の「富良野らーめん」でつけめん。撮影許可が降りず…。ああ、汁なしが食べたいよぅ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/679

コメントする