2007年9月 6日

琉球茶房 あしびうなぁ

あしびうなぁ
















首里城を冷やかしたあとに、近くの「あしびうなぁ」へ。

あしびうなぁ2あしびうなぁ3
















ここは琉球王朝の官僚だった人の家をそのまま使ってるらしく、「いかにも」感バリバリだ。ぶっちゃけ「えろいなぁ~」感バリバリな作りである。中庭に面した席を予約したので、とにかくまあ「アレ」感ただようわけで…。後から聞いたところによると、「通堂」の経営母体と同じところとか。元締めの「りょう次」氏、恐るべしである。

オリオンビール+突き出し












ここでもオリオンビールで乾杯!突き出し、餡がちょっと手が込んでいて旨かった。

海ぶどう島らっきょ












昼に牛肉を死ぬほど食べたので、ちょっとひよって海ぶどうと島らっきょ。どちらも初めての味。海ぶどうのプチプチ感、ほのかな塩味と苦味で大人の味だな;ぁ。島らっきょはネギっぽくて、「ミソくれ~」って叫びそうになった。

もずくのてんぷら












もずくのてんぷら。ちょっと大きめなのは、通称ポークことランチョンミートを巻いてるから。カリッ、フワッ、ジュワッで、ともかくなんとも言えないっ!

ふーちゃんぷるー












ふーちゃんぷるー。今回の沖縄旅行で得た収穫の一つが、「ふーちゃんぷるー、とりあえず再現してみようぜ」だ。これって本当にウマイよ。ふを与えられてる鯉の気持ちがわかったような(?)。

泡盛野郎












このあたり(よりかなり前)から泡盛ガブガブ。ボトルの「泡盛野郎」に、野郎4人で苦笑してしまった。

豆ふようスクガラス豆腐












豆腐2点、豆ふようとスクガラス豆腐だ。前者、決して「まめふよう」ではない。このように読んでしまった人を少なくとも一人知っているけど、その人も絶賛するうまさ。ちょこっとずつ削って泡盛をガブーリと至福~。スクガラス豆腐は是非食べてみたかった一品だけど、この塩味とコクがたまりません。ただ、食べる方向によると刺さるので注意。頭から食べるといいみたい。

焼きそば












(この店での)〆がイカ墨の焼きそば。沖縄そばの麺にイカ墨が練りこんであるらしく、とにかくあっさり風味。もういっちょ〆を食べに行きたくなるような味だった。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/690

コメントする