2007年10月13日

万吉うどん

万吉うどん1
















昨日の飲み会→カラオケの疲れが残ってるので、ちょっと遅く起きた今日はふらふらと地元を散歩がてら散策してみよう。というわけで家からぷらぷらと散歩しながら南与野の近くの万吉うどんまで。「友達の家にあがりこんで食べる」なうどん屋さんって紹介されてるけど、一体どんなんだろう?

万吉うどん2












万吉うどん3万吉うどん4












新六間通りをちょいと入ったところにある「民家」、それが万吉うどんだ。「友達の家」っていうより、「草野球してて、バットで打った球が入っちゃった家」ったな感じ?なんとなく怖そうな親父が「ゴルァ!!」って出てきそうなイメージの家だ。だけど、いたるところに瀬戸物の置物があったり、築山にパットが置いてあったりして、ちょっとおちゃめな感じ。

万吉うどん5












正式な(?)門とは別に、うどん屋さん専用の入り口がある。「すいませ~ん、ガラス割っちゃったんですけど…」ってな感じで恐る恐る入ってみると、「いらっしゃいませ~」とおばちゃん2人のハーモニーが。

スリッパに履き替えて入る店内は、10畳ほどの小ぢんまりしたスペース。テーブル席で16ほど?昼食時を外したけど、年配の夫婦や3世代家族などで盛り上がってる。おすすめはランチメニュー(全部ごはんがついてくる)らしいけど、うどん+ごはんはちょっと…でパス。オープンキッチンの向こうでは、「ゴルァ!」って怒鳴りそうな親父さんが真剣な面持ちで釜を見つめてる。

野菜天もり


















野菜天もりうどん(750円)

野菜天麺












ここのうどんはいわゆる「うどん」じゃなくて、ひやむぎを一回りほど太くしたような麺。写真ではわかりづらいかもしれないけど、とにかく透明感がすごい。とりたてのイカソーメンみたいな噛み応え&のどごしが!ちょっと量的にはアレだったので、次回は大盛を行ってみよう。注文を受けてから揚げられるてんぷらはカリカリシャクシャク。つゆがダシもしょっぱさも控えめで、最後まで飽きることなく食べられた。日曜休みなんだよなぁ…。かけうどんをいろいろ試してみたいけど。

---営業情報
埼玉県さいたま市桜区西堀9-26-2
TEL:048-853-7050
11:00~15:00
日休

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/706

コメントする