2007年11月 1日

麺舗 十八

麺舗 十八












大山に本日オープンした「十八」へ。池袋の「十六」にいた人がやっているとか。十六とか十八とか、銀行の名前みたいだ。到着時は5人ほどの行列。

明るいカウンターのみの店内は10席ほど。すぐ脇を走る電車が通るたびに店内が揺れる…。鈴木桂治に似たボウズの人が麺揚げ、女性がお勘定とか接客担当で、サポート後ろに控えるのは「十六」の店主夫妻。知り合いの人が結構来ていたみたいで、和気あいあいとしたムードだった。

メニュー












メニューは「十六」にほぼ準じた形で、麺の量を増やしても同じ値段だ。知り合いらしき人々は皆「つけそば」を頼んでおり、通りすがりに入ったような人は「ラーメン」を頼んでいた。「小ラーメン」を頼んだ人のどんぶりを見たらつけ麺のつけダレを入れるような小さな器にラーメンがちんまりと盛られており、「世間一般の”小”ラーメンってやっぱこんな感じだよな~。」と、一人納得してしまった。

B麺十八番並


















B麺十八番並(890円)

肉麺












最近はまってるところの、いわゆるあぶらそば”B麺”ってものを頼んでみた。色々トッピングを試したかったので、セットの「十八番」を。B麺十八番ってなんか…店の奥から横一列に人が歩いてきそうだ。とかそんなアホなことを思いながら食べてみる。メンはあらかじめタレとアブラで和えられているんだけど、かなりふわっとした柔らかさで、まとまってくっついている感じ。もうちょっと固めのほうが個人的には好みかも。ヤサイはキャベツ・モヤシ・ニンジン・キクラゲを茹でたものがどっさり。ちょっとアレっぽい。「肉」はとろけるような柔らかさ。卓上の黒こしょう、唐辛子、醤油ダレ、お酢で味に変化をつけながら最後まで美味しくおなかイッパイ。食べ終わったら、開店記念ということでペットボトルのお茶まで頂いてしまった。

「十六」のほうは以前夜までやってたんだけど、繁盛するようになってからやらなくなってしまった。こちらは繁盛しても夜の部を続けてほしいな。

---営業情報
東京都板橋区大山町33-1
TEL:03-5995-1110
11:00~15:00 18:00~21:00(11/3まで11:30~20:00)
年内無休

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/712

コメントする