2007年11月 4日

さいきんたべたじろう(系)

移転












たまってるのでそれを。堀切の大、移転するらしい。って言っても道の向かいでほんの少しの距離。この辺は(ワタシが把握してるだけで)4店ほどこのグループがあるけど、大の跡地も何かのアレになるのかな?埼玉にも出店計画があるみたいだし、繁盛するってのはいいことだなぁ。それにしても、直系が飛び越えて栃木に行っちゃったのは悲しい...。

つけラーメンニンニク少しヤサイ+大盛り+魚粉


















つけラーメンニンニク少しヤサイ+大盛り+魚粉@大堀切(700+100+500円)

ブタ麺












魚粉やら自家製辛味噌やらトッピングが増えてから初の訪問。値段も微妙に高くなったような気もするけど、ブタがとりあえずベーコンのように大きくなって良かった。麺はバッキバキ。これほど固い茹で具合もスゴイな...。けど、ちょいクタ系ヤサイと一緒に食べると食感のコントラストが面白い。魚粉は少な目で、入れても「大」の甘いつけダレと良くマッチしていたな。

蓮えび小ブタニンニク少しアブラ


















蓮えび小ブタニンニク少しアブラ@蓮爾登戸(950円)

ブタ麺












ちょっと前の府中競馬に行く前に寄った蓮爾。開店が12時とちょっと遅めでさぞかし腹の減った野獣どもが並んでるかと思いきや、皆一様に文庫本や単行本を読んで待っていたのにちょっと驚いた。さて、ここの麺は麺というより小麦粉の固まりというかちくわぶというか...。ちくわぶは個人的に「積極的に食べるまでもないな」って思うモノだけど、蓮爾のコレは唯一無二で無性に食べたくなる。

油そば野菜少な目ニンニク少し+温泉玉子


















油そば野菜少なめニンニク少し+温泉玉子@暖々(650+80円)

ブタ麺












暖々の油そば、野菜少な目がベストと個人的には思っている。だって、普通の「ヤサイ」コールでもかきまぜられないくらいに盛られてくるので...。隣の高校生二人組みは「野菜多め」コールで、野菜を半分くらい食べて撃沈していた。さて、野菜の盛りばかり注目されがちな暖々だけど、このピンク色のアブラもかなりエエのぅ~ってな感じだ。トロトロのグッチャングッチャンで、温泉玉子も混ぜて食べるのが好き。生玉子やってくれないかな?

汁なしニンニク少な目


















汁なしニンニク少し@髭(950円)

ブタ麺












というわけで、生玉子を食べに暖々近くの髭まで。このシャキーンとした醤油の辛さは、暖々では味わえない。食べているうちに黄身が半熟になってルビー色のかけらになるのも好き。でも、アブラのまったり感では暖々のほうが...ってことで、連食できる人は両方食べることをおススメしたい。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/714

コメントする