2007年11月23日

麺屋零式 本店

零式0711












板橋(県境)へ用事の前に、ちょっと昼飯をかねて寄り道。最寄駅は板橋区役所前とのことだけど、十条から歩いてみた。住宅街を抜け、住宅街を抜け、住宅街を抜け…ってな感じでたどり着いた「麺屋零式」、ナニやらスゴイらしい…?

張り紙看板
















思いっきり文教地区というか、住宅街と体育館と図書館と学校と公園に囲まれた場所にあるこの店、周囲からなんだか浮いた雰囲気の佇まい。いろいろ張り紙が張ってある。ふむふむ、「日本初、四骨スープ」「東池おはこ大勝軒オープン」「石神本」…読んでるだけでどっと疲れそうだけど、「ツケがききますよ~」ってのはこのあたりのニーズに応えたものなのだろうか。オープンは11時40分から。なぜに30分からじゃないの?

張り紙その2
















開店はきっちり11時40分、「奥のほうへどうぞ~」という店員さんの声に促されて、カウンターのみの店内へ。雑然としたというか、散らかってるわけではないけどごちゃごちゃした店内。一人暮らしのヤローが、女の子を部屋に呼ぶというのでムリヤリあっちこっちに押し込めて片付けたような、そんな感じ。「子どもが来たらたばこ吸うのをやめなさい」という張り紙。なるほど。
で、無茶苦茶色々あってどれを頼んでいいのかわからないメニューとにらめっこしながら、とりあえずなにやらすごいらしい「零式つけそば」を注文。提供されるまでに15分かかるらしいので…。

エビスザホップ
















エビスザホップ(420円)

ラーメン店でエビスザホップがある!というか、エビスザホップのビンを初めて見た。今日は寒いけど、そんなに寒風に吹かれているわけではないので、純粋にウマイねぇ~。この店、ビールはエビス、焼酎もは色々あるらしい。

零式つけそば


















零式つけそば(880円)

つけダレ麺












「ニンニク入れますか?」ではなく、「量が多いのでつけダレのおかわりできます」「味の薄い濃いがあったら言って下さい」との言葉とともに出されたキタコレ。大量のヤサイ、たけのこ、うずら玉子、チャーシュー短冊、そぼろ。四骨スープはとにかくケダモノの嵐で、それをやさしく魚介が包み込む感じ、ただし甘さが野蛮だ。そいつに超極太麺を浸し、ガッツリとやっつける。この麺、ホントうまい。極太麺はゴッチゴチの固めかブニブニした柔らかさか、そんな感じだと思うんだけど、ここのは絶妙な食感!これはイイ。普通で400gの麺もあっさりなくなってしまった。

他にもいろいろあるので、絶対近いうちに来るぞ!ってか近くの某メーカーさん、うらやましいなぁ…。あっ、卓上ニンニク入れるの忘れてた。

---営業情報
東京都板橋区板橋3-44-6成喜ビル1F
TEL:03-6423-8760
11:40~14:30 18:00~(スープ切れ終了)
不定休

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/720

コメント[4]

これめちゃうまそうですよね。今日、友人に教えてもらって検索してたらこちらにたどり着きました。画像見たら行きたくなりました^^

>星輝さま

つけダレがジャンクかつワイルドで、かなり旨かったですよ。
仕事場から結構近いにも関わらず、最近行ってないのでまた行ってみようと思います。

昨日行ってきました。つけ麺を頼んだのですが、私にはちょっと味が濃かったですね。しょっぱかった。一緒に行った人は残していました。
選択を間違えたでしょうか?

>星輝さま

そうでしたか~。ご同行の方も同意見なのでしょうかね?
味の濃い薄いは調節できるそうなので、
是非もう一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ワタシも行かねば…。ああ…。

コメントする