2007年11月25日

ラーメン二郎 栃木街道店

栃木街道0711
















今日開店の栃木街道店。告知ポスターの「一気に埼玉を越え…」とのくだりは700万埼玉県民全員を敵に回したような気もしないでもないし、個人的にはちょっと(かなり?)悲しいような気もするけど、とりあえず行ってみることにした。日の出ごろに到着するように行ったら、既に30人以上並んでた。皆さん熱心ですなぁ。

店の外観












お店はログハウス調で、かなりデカイ。その回りをとりまくように駐車場が完備されている。今日はその駐車場は県外ナンバーのみ。奥の駐車場は竹林側に溝が掘ってあり、危うく落っこちそうになってた車も。しかし、こんなにデッカイ「ラーメン二郎」の看板を見たことないよ…。

花輪行列
















夜明け頃が一番寒いというけど、プルプル震えながら花輪が届けられたり、タクシーで駆けつける電車チームなどを眺めながら待つ。店のを異様な集団が取り巻いていたので、通りがかる車の注目の的。信号がもう少し近かったら、事故になっちゃってたかも…。

券売機












とかなんとかやってる間に、総帥&店主ズが現れて、INAKA特有のポンポンポーンという花火の音とともに開店。こういう花火ってお祭りのときに打ち上げられると思うんだけど、もしかして開店祝いなのか?券売機はシンプルなラーメンのみだけど、上に乗っかってる花輪のミニチュアは一見の価値有り。

店内












店内はカウンター12席+テーブル4席×2で、カーテンの向こうには物置&製麺機が置かれたスペース。さすがの地の利を生かした広々とした構造だ。カウンター→テーブルと、順番に供されてゆく二郎を眺めながら、訓練された二郎喰いが多いオープン時はいいんだけど、日がたったらどうなってしまうんだろう…とちょっと心配になってしまった。

黒烏龍茶












ちなみにお店の前にはサントリーの自動販売機があって、「ソフトドリンクの持ち込みは自由にどうぞ」との張り紙がある。そーいえば、自販機バージョンの黒烏龍茶と、コンビニバージョンの黒烏龍茶は、ボトルの形状が違うんだね。

大ラーメン豚入り


















大ラーメン豚入りニンニク(750円)

豚麺












今日のブツは、修行元を反映させたのか、小金井メイン、若干野猿チックな感じの乳化系。開店当初は乳化気味だと思うんだけど、そういう乳化傾向ではないような気がする。最初カラくてすぐマイルドになり、最後のほうに食べ進めてゆくに従ってだんだん辛くなる、そんなスープだった。よくかきまぜたんだけどなぁ。麺は野猿と関内のいいとこどりのような、ゴチゴチとムチムチのハイブリッド。ヤサイもブタも柔らかめで、箸が進む。旨かった。

壬生












帰りは壬生駅から電車で栗橋経由。1時間に2本しかないのがきつい…。こちら方面にはひと月に4回くらい行くんだけど、そこからは微妙に遠いんだよなぁ。今度はいつ来られるんだろう。

---営業情報
栃木県下都賀郡壬生町本丸2-15-67
TEL:不明
11:30~14:30 18:00~21:00
12:00~18:00(日曜)
月祝休(ただし11/26は営業)

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/721

トラックバック

» 07年12月04日付 本日のメモ from ラーメン大好き小○さん (1ヶ月で100軒制覇に挑戦したブログ!!)
ブログ界にあふれるラーメンブログとラーメン記事の中から気になったり面白かったものをピックアップしてお届けする本日のメモ。 折角2日分まとめているのに1日おきに... 続きを読む

コメント[2]

遠くて行けない分楽しみにしていました
何時も参考にさせていただいています

これからも、楽しみにしているので
ずーと続けていってください。。

>もこちょさま

ありがとうございます。涙がちょちょ切れます。
まったりと頑張ろうと思います。

早速今日は壬生から3つほど隣の鶴の首あたりに位置する市に出張だったのですが、
帰りに二郎行こうと思って検索したら…

「乗り換え3回、1時間40分」

と出ておったまげました。
車出張だと出張旅費が出ないのできついですが、
なんとか隙を見て行ってみようと思います。
3年前だったら3つ隣の駅によく行ってたのですが…。

コメントする