2007年12月 2日

ラーメン二郎 環七一之江店

一之江0712












ブツの受け渡しのついでに一之江へ。土日は早くから店を開けているそうだけど、そのおかげか待ちが6人ほどと結構少なくてラッキー。しかも列が関内並に進むのが速い速い。

青のTシャツを着た店主を見るとちょっと悔しくなってしまう自分は、身も心もさいたま市民になってしまったのだろうか…。しかしここのお店はホント路駐が後を絶たないなぁ。今日もパトカーの取り締まりが来て、ラーメンをそのままにして飛び出ていった人もちらほら。のびちゃった麺を恨めしそうに啜るんだったら、コインパーキングへ。

汁なし+ブタ、カラメニンニクアブラ魚粉


















汁なし+ブタ、カラメニンニクアブラ魚粉(600+100円)

ブタ麺












関内並に早く店に入れた、ということで汁なしを。ここの汁なしはホンワカというわふんわりというか、とてもやさしい味わいだ。カラメにしても辛くなく、アブラ増しにしても脂っこくなく。その中で異彩を放つのがしっかりしたブタ。決してパサではなく、噛みしめる喜びを十分に味わえる。網目模様も劣情的だ。

アブラ












こんなアブラが。クミクミした食感で、フルフルフワフワとしたアブラもいいけど、これはこれでウマイ~。

玉子












途中で玉子の黄身をイン。汁ありだと薄まってしまって悲しい思いをする生玉子のたぐいだけど、汁なしだと黄身オンリーでも濃厚なまんまで最後まで美味しくいただけましたとさ。

---営業情報
東京都江戸川区一之江8-3-4
TEL:不明
11:00~14:00 17:00~20:00ごろ
水休

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/724

コメント[2]

画像表示されますたねw
しっかし旨そうですな。
値上げに負けず頑張って欲しいものです。

>とおりすがりさま

画像アップ確認を忘れておりましたw

この日の一之江はホント身震いするくらい旨かったですよ。
我々庶民には厳しい冬が来ますが、
二郎で暖まって乗り切りましょう。

コメントする