2007年12月 4日

久々の連食

品川店0712
















今日は品川の東口へセミナー。予想外の昼食のアレな弁当&コーヒーブレイクでなぜか出されたクリスピー(ryドーナツ&懇親会のアレ。しかし、普段は体動かしてなんぼのちょいガテ系職業なんだけど、席に座ってるだけのセミナーでも結構おなかが減るものだ。ってなわけでそのままふらふらと公園を横切って品川へ。今日は名札下げた人は並んでおらず、学生風の人が店外待ち5人。以前は「ラーメン一郎」と書いてあってたまげた看板はマジックでムリヤリ修正されて二郎になっていたけど、その裏は相変わらずの「ラーメノ二郎」。ラメの二郎?暗いお店の性別不詳の妖しいお姉さんみたいだ。

相変わらずの凸凹コンビの店員さん、相変わらずの某宗教団体も真っ青な「手かざし」だけのトッピングコール。隣のマンガを一心不乱に読んでた学生風、唐突に「ヤサイ以外全部」コール。生郎でもそうなんだけど、どうやって「手かざし」に気づくことができるんだろう?何かハンドパワー(死語)を感じ取ったのか?

普通盛り小ヤサイニンニク


















普通盛り小ヤサイニンニク(600円)

豚麺












今日の品川はド乳化ってな感じが影を潜め、カネシとブタで食わせる感じ。底からごっそり出てきた煮しめたハンペンのような繊維質が感じられないブタも相変わらずなんだけど、固めの麺でさっくりと食べることができた。ウマイなぁ。

その後なぜか神保町に行ってみた。普段帽子かけ程度くらいにしか使わない頭を使うと、腹が減るってことなのかなぁ。到着時には駐車場越えの行列。しかし寒い。

小豚ニンニク


















小豚ニンニク(750円)

豚麺












一時は二郎における辛さのヒエラルキーの頂点にあるよなぁと思ってたスープ、今日は脂の甘さで中和されたどころではない柔らかさ。ブタが良く出ててウマイ。麺もヂュルヂュル啜るやや柔らかめの食感。おなかにぐいぐい入ってゆく感じが心地よくてもう!

品川も神保町もホント良かったっす。ああ、なぜさいたまには(ry

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/725

コメントする