2008年1月18日

ラーメン富士丸 神谷本店

神谷0801












またもや赤羽での仲間たちとの集まりの後、徒歩で神谷まで。風はないものの寒いせいか、金曜でも外8人待ちほど。しかし、「富士丸製麺所」ってこの縦長の看板、いつできたんだろうか?知らない人が122走ってると「なぜ製麺所にこんな行列が…」って思うかも。

券売機富士さん












既報どおり、券売機の構成が変わっていた。「めん少なめ」と「めん100g」、「生にんにくか生玉子」の食券が追加されてる。微妙な値段構成だなぁ…と思うより先に、「今まで”国産にんにく”だったものが”生にんにく”に変わってる!」との思いが。この生にんにく、産地はどこだろう?
壁の富士丸グループマップ、店の所在地が○に富士のハンコになってた。そういえば会社にいた「富士さん」はこんなハンコ使ってたよなぁ…。

食券その1食券その2












券売機の食券は「富士丸」マークに変わっていたが、実際に出てくる食券は「ラーメン二郎」、「○二」、「富士丸」が入り乱れてる。統一されるには、もうしばらく時間がかかりそうだ。

ビール












ビール(350円;おつまみ付き)

神谷といえば、やっぱキンキンに冷えたジョッキでやるビール。くはぁ~やっぱウマイなぁ。様々な改定を経た後だけど、おつまみのブタ+ヤサイ+ゆで玉子+アブラの構成は変わらず。

生にんにく生玉子












生にんにく、生玉子(それぞれ30円)

30円に値下げした生にんにく、100円→50円→30円と値段がどんどん下がってゆくにも関わらず、相変わらず一人では持て余す量だ。このどぎついニンニク臭クオリティーも変わらない。”卵”ではなくて”玉子”表記が好ましい印象の「生玉子」は、有料化されたおかげかSUSの小さなお椀に入って出てきた。黄身分離、スキヤキ風、…いろいろ楽しみ方が増えてイイ。

めん少なめラーメンニンニク


















めん少なめラーメンニンニク(680円)

豚麺












今日の神谷、いつもだったら前面に出るであろうみりんが控えめで、カエシとアブラとみりんが全体的に調和された勢い。これはいいですなぁ。麺少なめでのブタサービスはなくなっちゃったのは残念だけど、そのブタは相変わらずのボリューム。ぺろーんとしたブツ、いかにも固そうだけどそれは富士丸、なんとも絶妙な柔らかさ+歯ごたえだった。ああ、やっぱ富士丸は神谷だなぁ…。

---営業情報
東京都北区神谷3-29-11
TEL:03-3598-6558
18:00(頃)~24:00(頃)
月休

店外行列
















店を出ると行列はゼロ。こんな神谷もあるんだね。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/745

コメントする