2008年1月22日

ラーメン勇花

券売機












汁なしが始まった勇花へ、やっと行けた。店に入ると武装SSのようなカラフルなズボンをはいた集団が座敷を占拠していてびっくり。これだけ混んでるのを見るのは初めてだ。

トッピング












食券を買おうとして二度びっくり。またトッピングを増えてる。「まだまだ増えますよ~」とは店主の弁だwそれにしても、全トッピング制覇がまた遠くなってしまったなぁ…。でも、がんばって「小ラーメン」と「生タマゴ」の食券に50円を添えて「汁なし、全部、エビで」と申し出た。

今日の店員構成、店主一人のみ。カウンターで待ってたら後からぞろぞろお客さんがやってきて、結局満席になっていた。

トッピング群












右上から時計回りに生タマゴ、乾燥小エビ、アブラ、酢(50円、50円、0円、0円)

一瞬「紅しょうがが来たのか?」と思ったけど、よく見ると桜海老。なるほど、乾燥小エビって桜海老のことか。カップヌードルに入ってる乾燥エビみたいなヤツなわけないか。小鉢に入って出てくるので、丼にぶっかけられて出てくるより色々変化がつけられて面白いと思う。「よろしかったら酢も…」ということで汁なしには酢も。

小ラーメン汁なしヤサイニンニク


















小ラーメン汁なしヤサイニンニク(600円)

豚麺












フツーのラーメンとの見た目の違いは、黒コショウがかかっていることとスープがないように見えることだけだ。しかし、食べようとすると実際はしないんだけどなぜか焼きそばの香りがするような、食べても二郎や富士丸というより焼きそばだ。ソースなんか入ってないはずなのにスパイシーな感じで、ねっとりしてなくてドライなんだよなぁ。これだったら紅しょうががよく合うかも。食べ進めてゆくと底からちょっと薄まったタレが。小なんだけど相変わらずのボリュームで満足。

勇花0801
















---営業情報
埼玉県戸田市美女木2-5-21
TEL:048-421-8020
11:30~14:00 18:00~22:00
水休

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/747

コメントする