2008年1月31日

1月のめん+α

来来亭












さて、恒例のシリーズいってみよう。今年からは月末にまとめてアップしてみる、ってもう2月だけど...。まずは実家近くの「来来亭」の「葱ラーメン」。一日30食限定だけど、夕方に行ってもあった。実家がINAKAでしかも正月2日だったからかなぁ...。他のお客さんは定食メニュー食べてたし。こいつ、見た目は「匂いきつそう」だけど、匂いも辛味も全然なくて、なんだかキャベツの超極細千切りを載せたみたい。たまに食べたくなる麺でございます。

つじ田


















日曜日に御茶ノ水に用事で行ったときに食べた「めん徳 二代目 つじ田」の「二代目つけ麺大盛り」。最近は日曜もやってるみたいだ。店に入った瞬間から出る瞬間まで、店員が常に何かしら叫んでる。元気がいいのはいいけど、「いっしゃっせ~!!!」「あっさっさ~!!!」の連呼はちょっとうるさい。もうちょっと静かに食べたいな。味のほうは一般的なダブルスープ系で、すだちと黒七味を麺にかけて食べてみるけど...。

匠


















出張先から帰ってくる途中での春日部の「羅麺家 匠」で「肉玉魚濃厚」を。ここのお店が浦和から春日部に行っちゃったから、ラーメン的に浦和が過疎化してしまったんだよなぁ...。具材にひたすらこだわった旨券売機に書いてあり、もちろん無化調。リサイクル箸もこだわり。むさぼるように食べるには量がとにかく少ないけど、「もっと食べたいなぁ、また来よう」といつも思う。

いくら飯












匠のランチメニューのいくら飯(200円)。店主の親父さんが採って空輸してるらしい。皮の食感&とろけ具合がとにかく絶妙。旨かった。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://makopi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/751

コメントする